札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    新館127室+本館153室=280室
     洞爺湖温泉・洞爺パークホテル天翔は、2011年(平成23年)5月から1年間の休館を宣言した。東日本大震災で集客激減に伴う措置と聞く。280室という「大箱ホテル」の営業スタイルにおいて、団体客、海外客、修学旅行客が「自粛」で集まらないのだから、「もうお手上げ」な感じなのだろうか。

    2011年(平成23年)5月から休業中
     そんな中、経営母体で大証ジャスダック上場のカラカミ観光が、MBOを発表。上場して誰でも自由に株を買える状態にしていたのだが、自分たちで株を買い戻し、上場を廃止するという。株主の「目先の利益」を追求する声に惑わされることなく、中長期的視点に立った経営の立て直しができる、という理由みたい。

    巨大戦艦のよう
     カラカミ観光が洞爺パークホテル天翔を「どこか」に売却する方針は11月に横並びで報道されたが、「どこに売却するか」については、室蘭民報が「野口観光に打診」とスクープし、12月22日に北海道新聞が「野口観光に売却する方向で検討に入った」と報じている。

     つれにその話をしたら、「洞爺湖に望楼NOGUCHIが出来たら面白いね」と嬉しそうだった。洞爺湖温泉街の温泉宿は低価格路線で競合しており、高級宿は皆無(かなり離れた高台に佇むザ・ウィンザーホテル洞爺は除く)だから、もしも「望楼NOGUCHI洞爺」なんて出来たら、洞爺湖観光の起爆剤になりそうな、そんな予感がする。

     野口観光は神奈川県の箱根・仙石原に進出するなど、イケイケな感じ。内部留保が200億円あるというから、いろいろ積極的に投資できるのだな、きっと。

    こんにちは。週末いよいよ久しぶりの旭岳温泉旅行です。いや~、楽しみです♪

    >つれにその話をしたら、「洞爺湖に望楼NOGUCHIが出来たら面白いね」と嬉しそうだった。

    これを読んで、私もそうそう!と思っちゃいました。昔は安いということが絶対的な宿泊条件で洞爺湖は“サンパレス”“湖畔亭”“洞爺観光ホテル”に宿泊したことがありましたが、今は値段はちょっと高くても満足いく宿に泊まりたいなぁと趣向が変わってきたので、洞爺湖方面に行きたいと思っても踏みとどまっていました…とはいっても私はせいぜい一人2万程度までですので、望楼NOGUCHIは泊まれそうもありませんが(笑)…。
    洞爺湖にちょっとリッチな気分になれる宿ができたらうれしいなと思います。

    2012.01.05 07:51 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ
    旭岳はこれからでしたか! いいなあ(笑顔)
    たっぷり楽しまれるといいですね~

    「望楼NOGUCHI洞爺」、誕生したらやっぱり面白いですよね(笑顔)
    おっしゃるように、洞爺湖温泉の御宿は、全体的にリーズナブルなのですが、
    大箱ホテルor仕事で泊まるような民宿に大別され、似たり寄ったりな風情と思ってます。
    なので、望楼・・・が誕生したら、りきりきさんのように「ちょっと高くても満足いく宿に泊まりたい」
    のニーズを持つお客さんを洞爺湖に惹きつけるのではないでしょうか。
    サンパレス、湖畔亭、洞爺観光・・・泊まったことないです~ 和風は安い割にはこぎれいなので、
    ひょっとしたらりきりきさんのお眼鏡にかなうかも知れません。

    2012.01.06 07:41 URL | いっち #- [ 編集 ]

    はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
    天翔については、キャパが湖畔亭よりも圧倒的に大きいので、現天翔を新・湖畔亭にして従来の大型温泉ホテルの路線を、ほとんどリニューアルしていない現・湖畔亭を「望楼」に改装するのが現実的では、と思ってました。
    ただ、ネックになるのは「有珠山」ですね。前回の噴火から12年。前回の噴火周期の23年を当てはめると、折り返し期に入ったことになります。どれだけの投資が出来るか微妙な時期であることは確かですね。

    2012.01.06 12:45 URL | 想 #QfZbc0jM [ 編集 ]

    思い出しました!
    泊まったところまだまだありました。

    いっちさんも泊まったことのある“癒しの宿あさひ”、食事がおいしかった“いこい荘”、怪しげなバーのあった“かわなみ”…けっこう泊まってました。札幌から一泊二日で行きやすいんですね、きっと。でも、ここ5~6年は行ってないかと。

    “和風”は、何度か候補にあがったことがあります。お風呂がきれいそうだし、食事もこだわっているようだし、何よりリーズナブルな割に高級そうだし…。今度本気で検討してみます!

    2012.01.06 19:04 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    想さんへ
    こちらこそ初めまして。御訪問&コメントありがとうございます。
    想さん御提案の件は、確かに大きすぎる天翔を望楼化するのは、
    コストがかかりすぎるので、湖畔亭の望楼化の方がリアルですね!
    目からウロコです(笑顔)

    御指摘いただいた噴火・・・洞爺湖温泉を考える時、このことも
    避けて通れない課題ですね。
    そう考えると、客室22室の洞爺ごきらく亭を望楼化した方が
    投資額が少なく思いましたが、
    そうなると、野口観光は同じ洞爺湖温泉に、
    特徴にあまり差が無い大箱ホテルを2つ所有することになるので、
    やっぱり湖畔亭の望楼化が面白いですね(笑顔)
    今後ともいろいろ教えてくださいませ。よろしくお願いします。

    2012.01.07 07:59 URL | いっち #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ
    洞爺湖界隈、いろいろ泊ってますね!
    私は、あさひに加え、かわなみが経験ありです。
    かわなみのバーは、ちょっと入りづらかったですが(笑)
    実際、入ると居心地が良い上、本格的なカクテルが楽しめました。
    いこい荘は食事が美味しい・・・そうですか! これは参考になります。
    和風は安くてこぎれい、食事もいい感じなので、意外と人気宿のようですよ(笑顔)
    旭岳、いってらっしゃいませ!

    2012.01.07 08:02 URL | いっち #- [ 編集 ]

    遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
    カラカミは何年も前から経営不振の情報が流れていました。おそらくですが銀行団の融資の継続条件に触れた業績悪化があったのだと推測しております。兄弟げんかのように2社に分離しなければよかったのになぁと思っています。MBOはファンドを呼び込んだ銀行が責任を取ったのが実態のようですね。
    洞爺湖温泉の凋落は目に余るものがありますね。でも大箱宿が無くなって小型の宿が残ったほうが、温泉地としては個人客が増加していいんじゃないかと思います。

    2012.01.07 21:46 URL | じゅん #MvSKUjhA [ 編集 ]

    じゅんさんへ
    新年のごあいさつ、ありがとうございます。
    今年も温泉宿の経営的な視点を含め、
    示唆に富むお話しをうかがえれば嬉しいです(笑顔)

    カラカミは定山渓に所有する土地の売却が散見されたので、
    経営的にアレなのかな、と思っていたら、
    今回のMBOでした。
    報道では通り一遍の理由しか分かりませんでしたが、
    そういう裏事情があったのですね!
    カラカミの株は、確か10万円以下で購入できたので、
    株主優待(宿泊割引券)をもらうのも楽しそうと思いましたが、
    そもそもカラカミの大箱ホテルは食指が動かないので・・・

    天翔の売却がうまく進めば、
    洞爺湖温泉に前向きな変化が生じるかも知れませんね。

    2012.01.08 06:10 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2036-3d3ac441

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。