札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    男性露天の湯口
    温泉分析書別表 平成20年11月25日
    ・源泉名 雪秩父(硫黄泉)
    ・源泉所在地 北海道磯谷郡蘭越町字湯里664番地の1
    ・温泉分析申請者 蘭越町長
    ・泉質 単純硫黄泉(硫化水素型) 旧泉質名 単純硫化水素泉
    ・弱酸性低張性高温泉


     日帰り入浴は、10時00分開始、17時00分終了。800円。

     宿泊客は夜通し入浴OK。男女浴室の入れ替え無し。

    女性風呂

    四方八方 木のぬくもり
    いい風情
     内風呂は、床も壁も天井も「木」のぬくもりあふれる。

    女性露天
    じょせい
     屋根がある露天風呂。




    男性風呂

    内風呂露天風呂
    屋根付き
    雪見風呂
    1つ1つ仕切りがある洗い場脱衣所
    露天へ続く階段は凍っているので滑っちゃう危険性あり





    貸切風呂「熊の湯」

    熊の湯
     フロント横の廊下沿いにある。予約制。

    脱衣所
    木のぬくもり
    湯船


    おはようございます。
    紅葉音には山の家だった頃から3回ほど行ったことがあったと思うのですが、
    内風呂の記憶が飛んでいます。露天は思い出せたんですが…。
    こんなに木がふんだんに使われてましたっけ?(笑)
    露天付客室で2万円を切るのは安いですね!
    北海道も黒川温泉のように、露天付客室の値段が2万円前後だとうれしいのですが。
    久しぶりにニセコに行きたくなりました。

    2012.01.25 07:46 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    こちらこそ、おはようございます。
    自衛隊保養所時代とは異なり、
    大幅にリフォームしたと聞きますので、
    ご記憶にないのは致し方ないと思います(笑顔)

    平日料金だったので安かったです。
    いやはや平日に泊まるってイイですね(笑)

    おっしゃるような九州辺りの湯宿は、いい感じに競い合っているので、
    北海道の湯宿が物足りなく感じることも無きにしも非ず?かも知れません(笑)

    2012.01.25 08:00 URL | いっち #- [ 編集 ]

    お元気なご様子でなによりです!(笑)
    こちらの風呂は内湯も露天風呂もいいですね~
    源泉名が雪秩父となっていますが
    大湯沼のそばにある雪秩父のところから引いているんでしょうか?
    一昨年のことですが五色温泉に泊まった時に雪秩父に立ち寄り湯しました
    素晴らしい泉質でとてもよかったです
    2時間くらい浸かってましたよ(笑)
    本当は小湯沼に行ってドロドロにもなってみたかったんですが
    道が分からず残念ながら断念しました
    いつかリベンジしようと思ってます!
    いっちさん小湯沼は?(笑)

    2012.01.25 17:51 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    こんばんはいっちさん!

    この湯は良さそうですね~近くに行っていながらも雪秩父にさえ立ち寄ったことがないので未知の世界です……
    この風情で日帰りをやっているとは驚きです! でもこのお湯だと一泊してのんびり味合わないと有り難みが減っちゃうかな? 客室露天はいいですよね(笑)

    先日函館の望楼~に宿泊したときに客室露天の有り難みを実感しました。安価で選べるココは行きたいリストに入れなくては……

    料理が気になります(笑)いつも楽しい記事のアップ ありがとうございます(笑顔)

    2012.01.25 20:36 URL | しゅん #- [ 編集 ]

    和友さんへ

    どうもどうもです、和友さん!
    そうなんですよ、浴室の風情もさることながら、
    やっぱり湯質がイイですね(笑顔)
    おっしゃるように、湯は大湯沼から引いており、
    雪秩父と、同じ湯になるようです~
    とってもイイ湯ですので、
    2時間では物足りなかったのではないでしょうか(笑顔)

    小湯沼・・・野湯は課題ですね(笑)

    2012.01.26 20:08 URL | いっち #- [ 編集 ]

    しゅんさんへ

    こんばんはです!
    こちらの湯宿は、日帰り料金が800円ですし、
    やっぱり、ここはどーんと大枚はたいて泊まって、
    湯三昧したいところですよね(笑顔)
    そこそこお金を払うならば、客室に温泉風呂がついているのを、
    ついつい求めてしまいがちです。

    函館の望楼、泊まられましたか!!!
    アクティブですね、しゅんさん(笑顔)
    1人用の客室もあるやと聞きますので、
    取り急ぎ、出張ついでに1泊・・・
    なんて夢想していますが、いつになることやら、です(苦笑)

    2012.01.26 20:09 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2047-660618ef

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。