札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ありがたい外観(宿坊観音寺前のお地蔵様)
     トーホウリゾートが運営している登別温泉の宿。
     1974年(昭和49年)開業の登別パークホテルが、1997年(平成9年)にリニューアルし、名称も変更。10階建て137室。

    フロア
    ラウンジ
     フロントで立ったままチェックイン手続き。

    客室前廊下
    客室ドアを開ける
     鍵を手渡され、エレベーターに乗って客室へ。

    7階客室(和洋室)

    和洋室
    和室8畳ベッド
    和洋室全景。トイレ・バス付
    茶菓子茶セット
    浴衣、丹前、バスタオル、タオル冷蔵庫に冷水ポットあり
    ウォシュレットトイレ、バス。歯ブラシありアイデア商品は、売店で売っている。いかにも温泉に来ました!な気分に




    館内

    1階ゲームコーナー
     ファミリーに嬉しい。

    1階コンビニ
     1階の売店は、アルコールの品ぞろえが充実。ちょっとしたコンビニレベル。

    2階立ち飲み処
     立ち飲み処がある、と聞いて訪れたら、自動販売機でビールやつまみを買って食べるシステムだった。

    服
     この手の服、やっぱりニーズがあるから販売しているのだろうな。

    いっちさんこんばんは!

    登別でははなやとかこぢんまりな宿をセレクトされているいっちさんなのでちょっと意外です(笑)決め手は何だったのでしょう?

    トーホウリゾートは一人泊プランが設定されていないので、私には未知なる宿なのです。まほろばとかしおさい亭とかも。レポ見ながら行った気になって楽しみたいと思います。

    登別は今度GWに訪問することにしました。夕食で囲炉裏を囲む宿です(笑)。

    2012.03.13 19:21 URL | しゅん #- [ 編集 ]

    しゅんさんへ

    こんばんはです!
    基本的に「こじんまり」した湯宿をチョイスする嗜好を読み取っていただき、
    嬉しいです(笑顔)
    たまには「大箱ホテル」に泊まることで、こじんまり湯宿の良さを再確認するとともに、
    大箱ホテルでの楽し方を知ることも、勉強になるかな、と思いまして(笑)
    宿選びに当たりましては
    「安かったら、肌に合わなくても納得できる」の観点から、
    7000円くらいの安さに加え、自家源泉&バイキングでズワイガニ、
    が決めてでした(笑顔)

    おっしゃるように、大箱ゆえに1人泊はNO、というところ、多いですよね。
    雅亭は、大陸からの観光客が多く、賑わっていました~
    マナーで顔をしかめるシーンに遭遇しなかったので、
    良かったです(笑)

    登別=夕食囲炉裏・・・あそこですね!!!
    北海道で囲炉裏で食事って、ありそうで少ないので、
    ワタシは好きです、その湯宿(笑顔)
    今から楽しみですね!

    2012.03.14 00:02 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2060-077b6402

    | ホーム |