札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    自炊食材を買いに

     鉄輪温泉・陽光荘を17時45分くらいに出て、徒歩5分くらい、九州横断道路(やまなみハイウェイ)に面したスーパーマーケット「マルショク やまなみ店」に着く。

     自炊するに当たり、札幌から手ぶらでやって来た。アレコレ調味料(サラダ油やバター含む)を買い揃えるのはメンドウなので、食材をフライパンや鍋で調理せず、宿自慢の地獄釜(温泉噴気で食材を蒸す)を活用したメニューばかりにしようと決めている。

    マルショク やまなみ店
     なので、調味料は食卓塩70円、あらびきコショウ125円、かぼすポン酢(地元産)380円とする。余したら札幌まで持ち帰ろう。

     さて、蒸す食材は何にしようかな。店内を見学すると、じゃがいも、たまねぎなどは、1個売りじゃなくて複数個を袋売りしてた。別府市民のファミリー層をターゲットにした商品構成なのだな、きっと。袋入りの大量の根菜類を買っても、2泊中に食べ切れないのでスルーし、魚介類をチェックする。

     魚屋さんが2店入居しているうち「志手水産」というところで、どれにしようか迷っていると、おねいさんが声をかけてきたので、相談する。「きょう陽光荘に泊まっていて、自炊する食材を探しているんです」。すると、おねいさんは「そうなんですか~」と、地元産(大分県産)をていねいに説明しつつ勧めてきた。結果、「しらこ」498円、「貝2個」(360円)、「エビ4匹」180円をゲット。「いやー、感じ良いおねいさんだったね」と旅情が高まるのだった。

     その他、「カットスイカ」198円を半額でゲットしつつ、お菓子、缶サワー、ワイン(フルボトル)などを選び、お買い上げ金額は3,430円だった。

     ズシリと重いレジ袋(5円)を持って歩きつつ、どちらともなしに「でも、やっぱり野菜も欲しいところだよね」。2人で考えは一致する。「それじゃあ、陽光荘の裏手にある『ことぶきや』という商店にも、自炊用の食材があるらしいから、寄ってみようよ」。

    ことぶきや
     田舎にあるような小さな商店ながら、そこは自炊宿が多い立地ゆえに、自炊客を意識した品ぞろえ。「野菜セット」(580円)を購入した。中身は「とうもろこし」「さつまいも」「たまねぎ」「しめじ」「生卵2個」。

    初日の食材
     宿に帰って来た18時35分過ぎ、買ってきたもの総計4,010円を客室の畳の上に並べてみた。さあ、料理しよう。

    2階自炊場へ

    自炊場
     みなさん夕食18時スタートを目指しているためか、17時30分過ぎの自炊場は混んでいた。われわれが足を運んだ18時45分くらいは、一瞬だけ空いていた。直後、複数の客が自炊しにやって来るのだった。

     流し台、地獄釜、ガスレンジ、テーブルがある。

    ざる、ボールなべ、フライパン類
    まな板&包丁手袋&木札
    冷蔵庫、トースター食器棚
     ざる、まな板、包丁・・・料理に必要なものは、なんでもあった。廊下に置いてある冷蔵庫は共同利用。食器棚の食器は自由に使える。



    地獄釜で調理

    調理時間
    ざる
    魚介類
     地獄釜で蒸す場合、野菜は「ざる」、魚介類や肉類は「皿」に盛りましょう、と宿スタッフに教わった。

    地獄釜
     地獄釜がいっぱいあるので、自炊場に置いてある「木札」を載せて「これがウチらのです~」と目印すること。 



    自炊の宴

    夕食1
     茹でたてアツアツを客室に運び、いただきます。地獄釜(温泉蒸気)で茹でた食材に、塩、こしょう、かぼすポン酢で味付けして食べる。シンプルながら、素直に美味しい。缶サワーやワインがすすむ。

    布団
     自分で布団を敷く。もちろん、自炊ゆえに食器やざるは、自ら洗う。他の客と共同利用するだけに、しっかり汚れを取り、布巾で水滴を拭おう。

     明日は何を作ろうかな。

    いや~、すごいですねぇ。
    こんな旅の仕方があったとは!
    いっちさんはまさに旅の達人だと思いました。
    地元のスーパーで買い物すると、その土地柄がよく見えますね!


    私は少しでも家事から逃避したいので、
    いっちさんの域には遠く及びません(笑)

    ところで、温泉ではありませんが、バリ島に行ってきました。
    リゾート感たっぷりで、一時のセレブ気分を味わえました♪

    2012.06.12 08:09 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    こんばんはです!
    別府・鉄輪温泉と言えば、
    「貸間」という表現の素泊まり温泉宿が昔ながらの風情と評判高く、
    2泊した陽光荘は、ガイドブックなどで紹介される代表的なところでした。
    ご指摘のように、ワタシらも、温泉宿宿泊=上げ前据え膳で、家事から解放、
    の意識で泊まっているのですが、
    たまには自炊もいいかな~と(笑顔)
    今回は5泊6日の旅ゆえに、宿の料理ばかりでは、飽きちゃいそうなので~

    そうなんです。地元スーパーをのぞくのって、札幌のそれと比較すると、
    品揃えや値段が違ったりして、楽しいんですよね(笑顔)

    バ バ バ バリ島ですか!!!!!
    GWの東北旅が悪天候ゆえに中止だったとお聞きしてますので、
    そのときの分も含めて、さぞかし楽しまれたと、嬉しく思ってます(笑顔)
    ワタシも、温泉にとらわれない旅を楽しんでみたいものです(笑)

    2012.06.13 21:34 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2087-d7c735e7

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。