札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    風呂看板
     一般的に宿と風呂は同じ建物内に共存しているが、この湯宿は違う。
     湯宿の玄関でスリッパを履いて外に出て、敷地内に点在する風呂を味わうシステムだった。家族風呂はフロントで鍵を借りる。

    ・混浴露天(もやいの湯)6時00分~22時30分
    ・女性露天(四季の湯)6時00分~22時30分
    ・足湯
    ・男女別内風呂(薬師の湯)6時00分~24時00分
    ・家族風呂(桧風呂)6時00分~24時00分
    ・家族風呂(切り石風呂)6時00分~24時00分
    ・家族風呂(六尺桶風呂)6時00分~22時00分

     夜中に入浴できないが、湯抜き掃除をしているので納得。
     泊まった離れの「部屋付風呂」は、真夜中も入浴OK。

     日帰り入浴は8時30分~21時00分、500円。

    囲炉裏


    温泉分析書 分析日平成15年8月11日

    源泉所在地→熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961番地の1
    泉質→ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(硫化水素型) 高温泉・中性・高温泉
    源泉温度→73.1度
    湧出量→毎分180リットル
    解離成分総数1,340.5mg/kg
    溶存物質総数1,541mg/kg
    総成分計1,696mg/kg

    温泉分析書 分析日平成14年5月15日

    源泉所在地→熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961番地の1
    泉質→単純硫黄温泉 (硫化水素型) 低温泉・中性・高温泉
    源泉温度→49.3度
    湧出量→毎分120リットル
    解離成分総数681.0mg/kg
    溶存物質総数757.1mg/kg
    総成分計884.5mg/kg

     自家源泉2つのうち、湧出量が多いナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(硫化水素型)は単独で注いでいる湯船がある。もう一つの単純硫黄温泉 (硫化水素型)は基本的に前者との混合泉。
     湯使いは、一部浴槽で山清水を20%加えている(湯が熱いから)が、あとは基本的に、加水、加温、循環塩素殺菌なしと記載。夜中に毎日湯抜き掃除している。

     夜10時くらいから、湯抜き掃除が始まり、朝6時から入浴OK。

    混浴露天(もやいの湯)

    外観


    湯船


    緑がかった湯


    脱衣所




    女性露天(四季の湯)

    女性露天


    脱衣所から望む




    足湯

    足湯




    薬師の湯(男女別内風呂)

    内風呂棟


    ◆女性風呂

    女性風呂


    ◆男性風呂

    岩風呂風


    こじんまり




    家族風呂「桧風呂」

    桧風呂


    脱衣所




    家族風呂「六尺桶風呂」

    道


    戸


    脱衣所


    ふろ


    風呂


    こんにちは~
    こちらは敷地内に風呂がたくさんあるんですね
    まるで銀婚湯のようです(笑)
    それぞれ風情があっていい風呂ですね~
    全部入りました?
    あっ!女風呂は無理ですよね(笑)
    ボクだとそれぞれ2回以上は入るような気がします
    混浴露天はきっと5回は入っちゃいますね(笑)

    2012.09.07 15:51 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さんへ

    おはようございます!
    ワタシも銀婚湯を思い浮かべました(笑顔)
    もっとも、銀婚湯と比べれば、お風呂の数は控えめです。
    男性だったら、混浴露天、内風呂、家族風呂3つの計5つですね。

    それでも家族風呂は2つしか入湯しませんでした。
    主に泊まった離れの客室風呂に入り浸っていたので(笑)

    湯小屋はそれぞれ近距離にあり、何度も足を運びやすいので、
    和友さん、混浴露天は5回と言わず、
    10回でもいかがですか。
    もっとも、混浴露天では男性としか出会いませんでしたよ~(笑)

    2012.09.09 03:49 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2102-75a0f7a9

    | ホーム |