札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     黒川温泉から6キロちょっとの満願寺温泉に足を運ぶ。共同駐車場にレンタカーを停め、家々が立ち並ぶ県道40号を志津川沿いに歩く。のんびりした空気が流れる。

    県道40号
     そうこうするうちに「日本一恥ずかしい露天風呂」を謳う共同浴場が見えてきた。

    これ
    露天風呂
    トタン屋根が目印
     道路から丸見え。これは恥ずかしいロケーションだ。

    皿を洗っていた湯舟は2つ
    スケルトンなデザイン湯銭箱に200円入れる
     温泉で食器を洗っているおばあさんがいたので「入っても良いですか」と聞けば、「どうぞどうぞ」と。湯銭箱に200円を投入し、スバヤク服を脱ぐ。

    湯舟
    確かに恥ずかしい
     湯船は入浴用2つ、炊事洗濯用1つだった。単純泉であろう透き通った湯は、足底や壁面から自噴している。ぬるめなので長湯できる良い湯加減だ。

    川沿いに風呂
     湯上がり後、食器洗いしていたおばあさんに挨拶。聞けば、目の前の「旅館静泉荘」の大女将だった。共同露天風呂は早朝から22時まで外来客にも開放し、地元住民は22時以降に入浴するケースが多いという。大女将の宿は2食8,500円くらいから泊まれるそうで、「わざわざ東京から来るお客さんもいてね、静かで何もないところなのですが、それが良いと言ってくれてね」。
     旅館静泉荘に泊まって、宿の風呂のみならず、共同露天風呂や隣にある満願寺温泉館(200円)と湯のはしごも楽しそう。

    満願寺
    案内図
     温泉が日常生活に溶け込む、歴史ある風情を目の当たりにすると、遠路はるばる九州までやって来て良かったと、しみじみ思う。

    こんにちは~
    日本一恥ずかしい露天風呂ですか!
    丸見えですね
    しかも隣では地元の方が洗い物をしているわけですよね
    ここに入るにはかなり勇気がいると思います
    まぁ~道東のブロガーさんだったら大丈夫だと思いますが(笑)
    いっちさん入ったんですか!
    さすが日本男児!
    ガニ湯も入るにはけっこう勇気がいるようですが
    こちらはそれ以上ですね~

    2012.09.18 17:17 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さんへ

    そうなんです、県道から丸見えだったんです、こちらの露天風呂は(笑顔)
    訪れた時は、ちょうど地元のおばあさん(旅館の大女将)が皿洗いしていたのですが、
    旅の恥はかき捨て、と良い意味が後押しし、
    入浴という行動が出来たのかな、と振り返ります~
    ワタシが入浴した際は、対岸の県道を誰も歩いていないので、意外とのんびり入浴できました。

    おっしゃるように、ガニ湯はこんな感じ以上の晒しもの体験を味わえますよ(笑)
    でも、面白い湯舟を味わえて、楽しかったです~
    これって、やっぱり旅の恥はかき捨てなのでしょうね。あっ、もちろん前向きな意見であり、
    素行不良なふるまいは一切しなかったと正直に申し上げます(笑顔)

    2012.09.19 21:47 URL | いっち #- [ 編集 ]

    7月に再訪して、やっとまともに浸かってきました。以前は雪降る氷点下の朝に勢いだけで浸かったもので・・・^^;。
    実に素晴らしい足元湧出温泉であると再確認した次第です。

    おとなりの共同浴場も、小浴室の方は洗い場まで覆い尽くす暴力的湯量が素晴らしい一湯です。
    またちょっと川の上手にあるもう一軒の共同浴場もなんともいえない風情が感動モノでした。

    2012.09.19 22:44 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんへ

    こんばんはです!
    こちら、複数回の入湯経験ありでしたか!
    氷点下の早朝・・・川面から霧が舞い上がるナイスな風情だったのでは、とご推察します。

    共同浴場はお隣にあったので、外観だけ拝みましたが、もう1つの共同浴場・・・
    検索しました。渋そうですね~ 「事前にあんまり調べず、行き当たりばったりの旅が楽しい」と思ってましたが、
    これはちゃんと調べていくべし、と痛感しております。
    なにせ九州までそうそう行けませんので。入浴したい・・・(苦笑)

    2012.09.22 19:09 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2106-0bc42905

    | ホーム |