札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     コーヒー好きのつれは温泉旅に出ると、必ずその土地の喫茶店(カフェ)で「落としたての美味いコーヒー」を飲みたいという。「探しといてね」とリサーチを丸投げされるケースが多いものの、いかんせん岩見沢に土地勘はない。今回はつれが事前に探した喫茶店へ向かった。

    プレハブ
     住所的には岩見沢市栄町8丁目。周辺に建物は無く、肝心の喫茶店はもろプレハブのため、ぱっと見は建設会社の資材置き場かと思った。札幌に支店があるとのこと。


    店内
     無機質な外観に比べ、店内はオサレな感じ。こだわっている内装と感じる。


    ケーキセット630円
    ケーキセット630円
     中央アメリカ・グアテマラ共和国から無農薬の生豆を輸入して提供しているそう。この地は、紀元前に栄えた「マヤ文明」があったので、店名を「マヤコーヒー」にしたのだな、きっと。


    メニュー
     シロウトながら、美味いと思った。コーヒー単品400円は安い。


    プレス空知
     1980年(昭和55年)に滝川市で産声をあげた地元紙「プレス空知」(週2回発行)を拝見しながら、旅情を高めたのだった。

    いっちさんのブログには、温泉もさることながら、コーヒーがよく出てくるなぁと思っていました。
    奥様の趣味だったんですね、なるほど!素敵な趣味です~。

    私はコーヒーの知識は全くというほどありませんが、水の美味しいところに美味しいコーヒーが飲める場所があるとイメージしています。

    最近めっきり寒くなってきましたので、温泉にゆっくり使って体をいたわりたいですね。とはいっても、しばらく近くの日帰り専門ですが…。

    ところで、私の友人のお姉さんが熊本に嫁ぎ、黒川温泉に行った時のこと。東京から来たという若い女性グループがバスタオルを巻いて湯船に入ってきたそうです。会話から、温泉に入るのは初めてとのようだったとのことです。お姉さんの話では、大人になるまで温泉に入ったことがなく、テレビでリポーターがバスタオルを巻いて入っているのをみて育ったためにバスタオルを巻いていいと思っていたようだと。そんな、既出されすぎているネタが実際に繰り広げられているなんて信じられませんが、本当の話のようです。びっくりしました。いっちさんはどう思われました。私は今でも信じられない気持ちです~。

    話がそれましたが、引き続き、楽しいレポートお待ちしています。

    2012.11.13 17:48 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    すいません、間違ってしまいました。
    上文での訂正をお願いいたします。

    誤 いっちさんはどう思われました。

    正 いっちさんはどう思われましたか?


    よろしくお願いしますm(_ _)m

    2012.11.13 17:51 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    どうもどうもです。そうなんです。つれがコーヒーにこだわっているので、
    旅先では、喫茶店に入るようにしています。
    今回のように投宿前に入店するケースもあれば、
    安価な湯宿ですと、朝食にコーヒーを出さないケースが多く、
    ドリップコーヒー持参で、客室のポットの湯を入れて飲んだりするのですが、
    せっかくの旅先だけに、ちゃんとしたコーヒーを飲みたいとのことで、
    チェックアウト後、喫茶店へ足を運ぶことが多いです。
    いろいろ巡ってますと、おっしゃるように良い喫茶店=水にこだわる、という
    方程式も散見されますね(笑顔)

    黒川温泉のケース・・・びっくり話ですね。

    外国人の女性であれば、
    ・スッポンポンで他人と一緒に入浴する文化は、ニッポン以外は皆無(海外のスパは水着着用が基本)
    ・ニッポンのテレビにおけるバスタオル巻き入浴シーンに影響を受けた
    なので、ご指摘のケースは多々あるかと思います。

    でも、ニッポンで生まれ育った方であれば、どうなのでしょうかね。
    私感ですが、温泉に関心のない、特に若い人であれば、
    テレビのバスタオル巻き入浴に影響を受けているのかも知れませんね。
    近年は、こうしたクレームを受け、
    テレビのテロップに「撮影のため、バスタオルを巻いています」旨を一瞬だけ告知してますが。
    その上で考えたことは、
    ・バスタオル巻き入浴は、ホントはマナー違反と知っている
    ・でも、実際、混浴を体験するに当たり、やっぱり恥ずかしいから、悪いと知っていても巻いておこう
    なのかも知れません。あくまで妄想ですが。

    世の中には「常識」があって、その常識を知っている人にとって、
    それを犯すって、シンジラレナ~イ(@日ハム・ヒルマン元監督)と思う一方、
    世の中には、たくさんの常識がありすぎて、
    教えられないと分からないと感じてます。

    別府の共同浴場で、湯ぶちに腰掛けていたら「不衛生」を理由に地元の方に窘められた&掲示された注意事項に記してある、
    という経験をしたワタシは、
    まだまだ知らない常識が、世の中にたくさんある、と思ってます。
    生涯、勉強なのかなと。
    りきりきさんに質問を受け、改めて痛感しているところです。

    なんてムツカシク考えるのもアレですね(笑)
    温泉好きの人が、そうでもない人にさりげなく伝えることが、
    イイことなのかなあ、と。
    長文失礼しました。いろいろ考察することができ、
    ホントありがとうです!
    空知の旅はまだまだ続きます(笑顔)

    2012.11.13 21:52 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2125-962bf99a

    | ホーム |