札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    初夏を控えた登別温泉へ

     6月初旬の北海道って、「待ち焦がれた春」と「短すぎる夏」がバトンを手渡す端境期(はざかいき)。「今週末は仕事もなく休めそうだな」と我が家で缶ビール(発泡酒)を啜る木曜の夜、ネット予約サイト「ぐうたび北海道」で端境期という名の閑散期ならではのお得なプランを拝見し、今週末の土曜にちょっと行ってみましょうと。

     セレクトした登別温泉の第一滝本館は1人12,000円。この宿でこの値段ならば、通常は夕食バイキングだ。繁忙期ならば、もうちょっと高い。でもこのプランは違う。食事処「湯の里」のブースで仕切られた個室チックなスペースで1~2品づつ、後出しで供されるのだ。ならば、お得かも知れない。そんな匂いがプンプンする。当たっていたら嬉しいし、そうじゃなかったら悔しい。どうなることやら。旅を前にアレコレ逡巡するひとときが楽しい。

    L特急すずらん
     休前日に札幌から登別温泉へJRで行くならば、函館行き「北斗」「スーパー北斗」よりも、東室蘭・室蘭行きの「すずらん」の方が空いている。札幌発11時13分のL特急すずらん2号は、自由席も閑散としている。

    バス時刻表(登別駅前)
     ただし、登別温泉までのバス接続がイマイチ。登別着12時26分の後、登別駅前からのバス発車時刻は12時28分。到着からたった2分しかない。線路を渡る陸橋の階段を上り下りして改札をくぐり、駅を出たらすぐバス停なのだが、これは電車を飛び降りて猛ダッシュしても、間に合うかどうか、微妙な感じだ。

     そんなに慌てると、せっかくのノンビリ旅も台無しになる。なので登別駅前に佇む「鬼福まんぷく亭」で激安ランチを食し、13時15分発のバスに乗ればちょうど良い。と言いつつも、この日はお腹が空いていないので、タクシーで向かう。1,700~1,800円くらい。
     登別温泉街の「食事・喫茶 田園」で落としたコーヒーを飲み、地元紙「室蘭民報」に目を通し、なんだかんだでチェックインの14時を迎えた。



    巨大温泉ホテル

    霧に包まれた第一滝本館
    おおかねぼう
     客室数399室というから、とっても巨大な温泉ホテルだ。泊まる客も多いけれど、その分、ロビーも風呂も大きいので、必要以上に混んでいる感じがしないのはワタシだけか。



    南館 客室

    11階客室2122
    客室
     正統派の客室風情に「ああ、温泉宿へやって来たのだな」と。

    ユニットバスユニットバスの水について
    茶菓子冷水ポット、コーヒー(有料)
    お茶セット冷蔵庫
    はぶらし金庫
    客室かぎは2つ浴衣
    手ぬぐい 過不足ない。
    客室の窓外
     窓外に新緑が広がる。そうだ、お風呂へ行こう。



    風呂まで長い道程

     南館11階の客室から風呂までの道程は長い。エレベーターで1階に降り、ロビーの前を通る。すると、カウンターのフロントマン以外に、ロビーに着物を着た若手女性スタッフ7~8人が一列に並び、今宵泊まる客を出迎えている。と言っても、積極的に客に近づいて荷物を持ったり誘導したりはしない。「いらっしゃいませ」「ごゆっくり」とあいさつするだけだ。もちろん、声をかけられたら対応する(と思う)けれど、見かけた時に限って、スタッフ同士でおしゃべりしていたりするので、前々から「宿の評判を下げるだけだから、やめた方が良いのに」と思っている。

     まあ、箸が転がっても笑ってしまう年頃のお嬢さんたちをひと固まりに並べているのだから、ある意味、私語は当然の帰結である。でも、ここは学校じゃないよ、職場だよ、世の中ではサービス業と言われ、もてなしの心が求められるのですよ、と。
     フツーのシティーホテルのように、複数のスポットに1人ずつ配置した方がイイのかな、その方が客も質問しやすいぞ、なんて思ったりする。
     そもそも、着物を着飾った女性スタッフをロビーにズラリ並べている風景そのものが「サービス」なのであって、それ以上の気の効いたもてなしは、求めるだけ野暮なのかも知れない。

    女性スタッフがズラリ並ぶロビーを抜け、風呂に続く廊下へ
     で、南館宿泊の客は早めにチェックインした場合、一列に並ぶ女性スタッフの前を通って風呂へ行くのだが、「い、行ってらっしゃいませ」と伏し目がち&申し訳ない、という感じで声をかけてくるケースがあったりして、こちらとしても、どう返答すれば良いか困惑してしまう。なにかこう、お嬢さんたちが罰ゲームでロビーに立って晒しものにあっているような印象を受けてしまう。きっと新人さんでハズカシがっているのだろう。温かい目で客が育てていかねば。どうやって育てるの、と問われれば窮してしまうのだが。

     さんざん記したが、かような妄想を抱かせてくれ、とっても面白かった。この程度のことで「第一滝本館ダメダメ宣言」をすれば、大人げなさ過ぎると自戒する。こんな体験をひっくるめて、うん、楽しいぞ、第一滝本館。

    最初のエスカレーター
    もう1つのエスカレーター
     それにしても、風呂までの道程は長い。エスカレーターを2回乗り継ぎ、長い階段をテクテク歩いて、さらに専用エレベーターでたどり着く。

    廊下
    温泉エレベーター
    大浴場前
     南館11階客室から徒歩5分。1986年(昭和61年)にリニューアルした大浴場はやっぱりドデカイ。「大きいことはイイことだ♪」
     
     1858年(安政5年)創業という登別温泉の開祖「第一滝本館」。客室数が多いのも、大浴場があんなに大きいのも、今に始まったわけではない。高度経済成長以前から、この宿の特色だったりする。さらに、かつては混浴だったそうだ。
     昔むかし泊まった方々の文章に思いを馳せてみる。


    読売新聞夕刊1面 1961年(昭和36年)12月14日
    絵と文 近藤日出造


     北海道登別温泉の第一滝本館。部屋の数が300もある。日本一の大温泉旅館でしょう、と帳場にいったら「箱根の小湧園さんがホテルと両方で400室くらいあるでしょうから。それにてまえども、政府登録旅館じゃございませんしね」(中略)

     しかも、おたくの大浴場ときたら男女混浴で天下一品。「知事などは北海道の名折れだというんですが、外人のご婦人客まで平気で混浴なさいますし、数年前おみえになった外国の皇太子など、たいへん喜ばれて日に6回も混浴ぶろにおはいりになりましたし」(後略)


    温泉へ行こう 1985年(昭和60年)
    山口瞳


     むかし、僕が第一滝本館に泊まったときは混浴だった。地下の1,000坪の大浴場に行ったとき、女学校の修学旅行の一団に出会(でくわ)して、彼女達が床に寝そべっているのを見て仰天した。またいでいかなければ浴槽に行かれない。まるで、魚河岸に揚った冷凍マグロを跨いでゆくような気がした。
     いま、混浴ではなくなっている。(中略)混浴ではないほうがいい。しかし、登別温泉は、そのおおらかな一大特徴を失ったようにも思った。1,000坪の浴場に男女の区別なしというのは、思い返してみると、とても素晴らしかったというような気もする(後略)

     「昔は良かった」というのは、大いに頷くが、いかんせんワタシたちは今を生きている。
     この瞬間の第一滝本館の大浴場もイイな。やっぱり大きいところが。




    たきもとの夏

    湯の里
     本館5階の食事処「湯の里」で夕食。1~2品ずつ供される。


    先付
    先付
    ・白ごま豆腐


    前菜
    前菜
    ・かすべゼリー寄せ
    ・とんびの塩辛
    ・たらば蟹のかわり揚げ
    ・鶏ごぼう巻き


    お造り
    お造り
    ・鮪とろ身
    ・鯛
    ・北寄貝
    ・牡丹海老


    焼き物
    焼き物
    ・牛ひれ肉のステーキ


    酢の物
    酢の物
    ・夏野菜の冷やし鉢


    煮物
    煮物
    ・きんき煮


    蒸し物
    蒸し物
    ・茶碗蒸し


    揚げ物
    揚げ物
    ・茄子博多揚げ


    食事、香の物、留椀
    食事
    ・北海道産ななつぼし
    ・盛り合せ
    ・味噌汁


    甘味
    甘味
    ・南瓜のムースと果物の盛り合せ

     全体的に美味い。「個室風情」で「作りたて」を「1品づつ」食すって、ノンビリ旅を後押しする。第一滝本館のビッグ風呂と、食事処「湯の里」で夕食を味わって、これで12,000円は納得プライス。

    ふとん
     客室に戻ったら、ふとんが敷いてあった。



    朝食バイキング

    朝食
    あったか亭 朝食バイキングは本館3階「レストラン原生林」で。400人収容。
     安いプランならば、ここで夕食もバイキングで食すという。
     やっぱり、夕食は食事処「湯の里」の方がイイな。個人客のつぶやき。



    片道500円の送迎バス

    わくわく号 片道1人500円で札幌⇔第一滝本館
     札幌までの帰りは、宿の送迎バスを利用した。片道1人500円。

     それにしても、旅行会社(ネット旅行会社含む)や季節によって、泊まる値段が異なるカラクリって、消費者にとってはいささか複雑すぎる。ワタシよりもあの人の方が安いってどういうこと。安い分、ワケがあるかも知れないが、ひょっとしたら同じサービスか、キャンペーンでグレードが高いかも、と。

     ただまあ、これって、宿に限らない話。雑誌やフリーペーパーのチケットで日帰り入浴が安くなったり、飲食店でドリンク1杯無料、ラーメン屋でチャーシュー追加サービスを受けられたり。あの手この手で客を誘導するサービスがフツーになっている昨今、そういう情報に敏感になった方がお得な一方、通常料金を払った後で「実はクーポンさえあれば安くなった」と知ってしまうって、なんとも悲しすぎる。あえてそういうサービスを知らない方が幸せなような気がする。

     しかし、今回はネット予約サイト「ぐうたび北海道」のおかげで激安価格で泊まれた。とっても満足した。少なくとも、お得サービス大好きのつれを伴う際は、いろいろ情報を集めて「より安く、お得に」を追求しなければ叱られちゃう。無邪気過ぎて何も知らないって、やっぱり「無知は罪なり」なのかなあ。


    第一滝本館で、しかも個室で夕食を楽しめて、それで6月の週末で12000円はなんともお得でしたね♪
    私も今後ぐうたび北海道を情報収集の一つに加えなければ!

    「無知は罪である」

    情報が多い世の中で、この言葉を聞いたときなるほどな~と思いました。
    だから、勉強して、情報を集めて、分析して、質の高いものを見極め、自分に一番のものなのか選別する…現代社会っていろいろ大変です(笑)

    寒いし、雪景色になってきたし、温泉行きたいなーと思いますが、年末年始で海外(またまた南国です)に行くので、しばらく日帰り温泉で我慢、我慢(笑)

    2012.11.30 08:53 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    登別を代表する温泉宿ですよね、滝本は。でも、お風呂までの迷路のような通路は何とかならないものかといつも思ってしまいます。

    夕食バイキングで一番格安な値段でしか泊まったことないですが、お湯さえ楽しめればそれで十分かなーっていつも思っています。

    2012.11.30 12:24 URL | じゅん #MvSKUjhA [ 編集 ]

    こんにちは~
    第一滝本館は子どもの頃からよく行きました
    温泉と言えば滝本か定山渓ホテルでしたから
    確か昔は混浴だったような記憶があります
    風呂から見る地獄谷の景色が素晴らしいですよね
    最近は湯宿の嗜好が変わってきて
    どちらかというと秘湯好みになっています(笑)
    でもいっちさんの記事を読んでまた滝本に行きたくなりました♪

    登別は停電で大変な状況だという情報はこちらにも届いています
    早く復旧してほしいですね

    2012.11.30 17:52 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    こんばんはいっちさん!

    第一滝本! 私も先週行ってきました。休前日の一人旅&湯の里プランでしたが……値段はいっちさん+αで済みました♪
    ごくたまに?滝本は東館シングルルームのプランを出していて、それを運良く発見して即予約したのですが、お得感抜群でした。洋室で良いなら滝本インという選択肢もありますが、湯の里の食事&同じ建物内で大浴場まで移動できるなどなどメリット大でしたよ。

    登別ははなやも玉の湯も良いなと思うのですが、滝本は「ザ・登別」という感じがして好きなのです。玄関の整列お出迎えも古き良き伝統かしら。
    今度年明けも予約してしまいました♪完全に滝本ファンです(笑) 節約しながら楽しみに待ちます。

    2012.11.30 18:01 URL | しゅん #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    ホント、ぼんやりしていたら、宿へ直接予約するより、サービスが良いケースがあったりして、
    無知は罪、なんて自分自身を責めちゃったりすることも(笑)
    でも、その反対に、宿へ直接アクセスした方が、ネット旅行会社経由のポイント付与分や手数料を割り引いて、
    けっきょくお得な宿もありますので、ますます複雑ですよね~
    一つ言えることは、
    泊まった経験ありで、リピートしたいお気に入りの宿であれば、
    宿に電話して、女将さんやスタッフにアレコレ質問しつつ、、
    直接予約するのに尽きると思うようになってきました~
    ワタシのことを覚えていて、嬉しくなることもありますし。

    年末年始を海外(しかも南国)で過ごすって、イイですね!
    それは日帰り入浴で我慢するのも楽しいですよね~
    そういう旅にめちゃくちゃ憧れつつ、
    ワタシはことしも紅白歌合戦を見ることになりそうです(笑顔)

    2012.12.02 18:20 URL | いっち #- [ 編集 ]

    じゅんさんへ

    こんばんはです!
    第一滝本館の巨大ぶり、ひいては風呂までの迷路ぶりは
    もはや滝本名物と感じてます(笑)

    そうですよね、こちらの宿は、このお湯&浴室を楽しみたい意欲があれば、
    安価な夕食バイキングで十分満足するのでしょうが、
    アレもコレも欲張りたいスタンスなのに、
    夕食バイキングで泊まってしまうと、
    いろいろ不平不満がでるのかな、と感じてます~
    夕食バイキングがアレならば、
    湯の里もあるという点を考慮に入れつつ、
    それでも安く泊まりたいならば、
    割り切って泊まる姿勢が求められると感じました!

    2012.12.02 18:21 URL | いっち #- [ 編集 ]

    和友さんへ

    どうもどうもです!
    幼き頃の思い出ある第一滝本館、やっぱり混浴の可能性大でしたか~
    ワタシの最近は、秘湯も良し、そうじゃない湯宿も良し、と感じてきました(笑顔)
    いろんな宿のいろんな美点に触れてほっこりしたい今日この頃です!
    しかしながら、秘湯の風情、イイですよね~ 秘湯の定義を問われれば、
    長くなっちゃいますので、
    東京の渋い居酒屋で今度ぜひお話し合いしたいです~(笑)

    停電問題、12月2日(土曜)から登別温泉のすべての宿が復活したようですね。
    4億円・・・登別温泉の宿、飲食店などが停電による休業で損した額。
    自然って怖いです、と改めて思いました。

    2012.12.02 18:22 URL | いっち #- [ 編集 ]

    しゅんさんへ

    ありがとうございます~
    そうでしたか! 1人旅のプランで、風呂に近い東館&湯の里夕食・・・
    そんな「夢のプラン」、あるんですね!!!
    これは目から鱗すぎます(笑顔)
    おっしゃるように、滝本インで安上がりも嬉しいですが、
    やっぱり風呂までの移動とか、食事内容を考えれば、
    妥協せず、しゅんさんがチョイスされたプランが
    ワタシもいいなあ、とオモイマス。
    これから冬ですので、滝本イン⇔第一滝本館の移動は、
    寒すぎて心臓に悪いですし(苦)

    なんだかんだ言っても、やはり登別=第一滝本館、ですよね。
    女性スタッフずらりご挨拶、へのワタシの思いは、
    しゅんさんに諭されました(笑顔)
    ワタシもいつリピートしようか、
    考えてます~

    2012.12.02 18:24 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんばんは!
    第一滝本館は、いろいろな泉質のお風呂があるので、いいですね。改めていっちさんの過去の大浴場の記事を読んで思いました。リピート客も多いんですね~。私は小学生の頃親戚大勢で行きましたが、ほとんど覚えてません(笑)。覚えているのは、外にあった鬼の置物と写真をとったことくらいです。夫が観楓会で3年くらい前に行き、宴会料理があんまりだったというので縁はないなと思っていましたが、いっちさんのリポートにより急上昇です!

    ところで、ぐうたび北海道というサイトを初めて知り覗いてみたら、私の大好きな章月が平日1万円ポッキリではありませんか!しかもサイロ鍋付きで。行きたい、行きたーい!!でも平日のみなので旦那が厳しいなぁ、なんとか金曜の夕方早上がりできないかなぁ、それとも旦那はほっておいて、友達誘って行っちゃおうかな~とか思うのでした。

    いっちさんのように宿に直接、常連お得意様ってカッコイイですね(*゚▽゚*)

    2012.12.03 19:16 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    こんばんはです~
    やっぱり道民であれば、なんだかんだで一度は泊まったことがある旅館、
    それが第一滝本館ですよね~
    夕食バイキングとか、宴会料理ならば、評価はアレレ、とご推察しますが、
    近年は湯の里プランを選ぶと、けっこう満足できると感じてます(笑顔)

    お~、ぐうたび北海道の章月グランドホテル10,000円プラン、
    これってホントお得ですよね!!!
    おっしゃるように金曜に仕事を定時で終わって駆け付ければ間に合うのですが、
    仕事が押すことって十分ありますので、ワタシは二の足を踏んでいます・・・
    それならば、確実に一緒に行けるお友達ととりあえずチャレンジしてみるのが
    イイかもしれませんね。
    良かったら、今度はご夫婦で、と。
    そしてワタシもぜひ行ってみたいと(笑顔)

    宿に限らず、居酒屋などなど店主と仲良くなったところに足を運ぶって、
    なんだか楽しいです(笑顔)
    そういうところ、いろいろ持ちたいものです。

    2012.12.04 21:45 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん お久し振りです!

    ちょっと忙しくしておりまして疲労困憊。
    「いや、もう、温泉とか行ってのんびり
    したいべさ!」な状態になり、急遽
    温泉に行くことに致しました(笑)

    当初、定山渓の「ゆ瞑み露天風呂」で
    癒される予定でしたが、ババーン!と
    広いと言うよりもデカイ!滝本に心が揺らぎ
    ある意味キング・オブ・ポップな
    滝本に決定したしました。

    人それぞれですが、私の場合
    精神的に疲れていると昭和大型温泉に
    肉体的に疲れていると泉質重視のこじんまりとした
    大人の宿に行きたくなるようです。

    では、行ってきます。

    2012.12.11 04:15 URL | sasaki aki #- [ 編集 ]

    sasaki akiさんへ

    こちらこそ、ご無沙汰しております~
    お疲れの中、コメント恐縮です。そして温泉旅いいですね!

    癒される条件って、決して一律のルールはなく、
    個々人の嗜好、人生の状況、ココロの動きに大きく左右されると思ってます。
    そうした中、精神的、肉体的で、
    最終的に使い分けされる姿に、膝を打ちました!
    ワタシも真似っこしたくなりました(笑顔)
    良き旅を!

    2012.12.11 22:22 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2133-623f48a6

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。