札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    夕食
    別室
     土日祝日料金(2人以上)は9,000円、11,000円、13,000円の3種類あるうち、11,000円以上は「別室」という名の個室で夕食となる。

     若女将さんが客室まで迎えに来て、当方指定の18時00分から。白米(おひつ)、お吸もの、デザートを除き一気出し。

    食前酒
    食前酒
    ・自家製梅酒


    前菜
    前菜
    ・うど、自家製梅漬(金粉まぶし)、セロリキムチ


    酢物
    酢物
    ・きのこおろし和え


    蓋物
    蓋物
    ・男爵いもそぼろあんかけ


    刺身
    刺身
    ・ホタテ、ボイルホッキ、エビ


    煮物
    煮物
    ・みがきニシン、タケノコ、フキ、ワラビ、麩


    吸物
    吸物
    ・男爵いものだんご汁


    焼物
    焼物
    ・白老牛の陶板焼


    鍋物
    鍋物
    ・秀峰鍋


    食事
    食事
    ・白米、お吸もの、漬物


    デザート
    デザート
    ・柿


    布団
     お腹一杯で客室へ戻ると、蒲団が敷いてあった。

    こんにちは。今年もこちらのブログには大変お世話になりました。今年泊まった温泉宿は、湧駒荘、章月、500マイル、だいいち、向瀧でした。前々から気になっていた宿やリピートしたかった宿に泊まれて大満足の1年でした。これもいっちさんのブログのおかげと思っています。、去年のいつごろからこちらにおじゃましているのかな?と思って過去をさかのぼってみましたが、見つけられませんでした~。

    本当は、ちょこっとコメントだけしようと思ったのに、過去にさかのぼりつつ記事も読んだりに時間を要してしまい、明日から旅行だというのにスーツケースを引っ張り出しただけで全然準備ができていないです~(;_;)でも、記事を読んでいるうちに「あ~、温泉に泊まりたいな~、日本人でよかったな~」と思いました。

    明日は午後からの出発ですので、毎年元旦の午前中に初湯を楽しむ私たちは、早めに空港に行き「万葉の湯」で初湯してから国外脱出しようと計画しています。入り溜めです。万葉の湯は日帰り1500円とちょっと高額ですが、お正月の気分がリッチな時でもないと入れないかなと思って。帰ってきてから感想をお伝えしますね!

    では、良いお年をお過ごしください。

    2012.12.31 10:52 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    昨年はブログにお付き合いいただき、
    ありがとうございました。
    今年もよろしくお願い申し上げます。
    万葉の湯、どんな湯かぜひ教えてくださいませ(笑顔)

    今頃、南国でまったりなのですね!
    あったかい気候ってそれだけで幸せですね。

    思い起こせば、2011年8月末日に初めてコメントをいただきました。
    月日が経つのも早いですね~
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/blog-entry-1969.html

    海外旅行を楽しまれ、そして改めてニッポンの良さを実感しているのかな、とご推察しております。
    ことしもお互い温泉宿へのお泊まり旅を楽しみましょう!

    2013.01.03 21:09 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2137-73ab1257

    | ホーム |