札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    時空を超える温泉宿

     ワタシは、その湯宿の写真を三葉、見たことがある。

    渋い!
     一葉は、その湯宿の、幼少時代、とでも言うべきであろうか、開業から間もない100年前かと推定される頃の外観写真であるのだが、21世紀のいまこの瞬間、ホンモノを目の当たりにして、面影が残る佇まいに驚くばかり。大正時代へタイムスリップした感覚だ。

    玄関内



    木の温もり 足元自噴

    久安
     第二葉の写真の風呂は、これはまた、びっくりするくらい木の温もりあふれる風情だ。底の板と板の隙間から「ポコポコ」と単純泉が自然湧出しており、さらり肌に染み入る。

    床



    部屋食でまったり

    夕食の膳
    朝食の膳
     もう一葉の写真は、最も美味そうなものである。客室でいただく夕食は、一気出しの体(てい)で、どれがメインと尋ねられれば答えに窮してしまうが、料理旅館とは得てしてそんなもの。新館レストランでの朝食は、アツアツの白米とみそ汁にありつけた。



    鄙び過ぎない伝統宿

    真っ白な宿
     ワタシはこれまで、こんな風情ある湯宿を見た事が、やはり、いちどもなかった。

     以上、青森出身の太宰治が書いた人間失格の文章をなぞってみた。

    本館客室
     こんな感じに、蔦温泉は木の温もりに包まれた歴史ある木造建築の湯宿、というイメージが強く、確かにその通りなのだが、それは大正時代に建てられた「本館」の話。

     平成元年に新築した3階建ての「西館」は小ぎれいだけれども、どこにでもある鉄筋造りだ。でも、西館が出来たおかげで冬期間も営業できるようになったため、鉄筋=イマイチ、のレッテルは短絡的だろう。雪深い山奥の宿なのだから、快適性も追求しなければ客は来ない。平成8年建築の「泉響の湯」も足元自噴ながらモダンなデザインは女性に人気。100年前の風情を守りつつ、時代とともに進化も遂げている。

     客室と廊下がふすま1枚で隔てられた本館の客室は、会話が廊下にダダ漏れながら風情が渋い。それが嫌だったら、鉄筋の新館に泊まれば良い。老若男女のニーズを満たせる懐の深い宿ゆえに、若い女性グループや子ども連れファミリーも少なくなかった。

     伝統ある木造建築と足元自噴の湯を味わえる「鄙び過ぎない温泉宿」とみた。
     これで本館10,650円はリーズナブルと思う。

    いっちさんこんばんは!
    蔦温泉びっくりしました、本当に凄い温泉ですね。泊まってみたいなぁと思いました。私が泊まるなら新館かな?夏期のお値段調べてみたら、JTB土曜日泊まりで1万7,000円位でした。「気軽に」と言う感じではありませんが東北に行ったなら是非泊まりたい温泉です〜。

    章月から午前中に帰ってきました。今ものすごい吹雪なので、昨日泊まって良かったなと思いました。母は喜んでくれたようです。今度は別の温泉宿に連れて行ってあげようかなとも思いました。その時は、また相談に乗っていただけたら助かりますm(_ _)m

    2013.03.02 18:51 URL | りきりき #s.Y3apRk [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    章月からお帰りなさいませ! 親孝行の成功で何よりです。
    旅の相談を受けるって楽しい&勉強になるので、
    機会ありましたらお気軽にどうぞ(笑顔)
    ワタシも章月のことなど、りきりきさんにご相談させていただきます~

    蔦温泉、夏の土曜日・・・高いですね!!!
    木造の本館は渋いですよ~ 客室と廊下はふすま1枚ですが、内側からカギをかけられますし、
    大騒ぎする客に遭遇しなかったので、静かなものでした。
    セキュリティーがアレなので、本館の方が2000円ほど安いようです(笑顔)

    2013.03.03 17:36 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんばんは~
    まさに歴史の重みを感じる宿ですね
    奥入瀬の近くにあるようですが知りませんでした
    まだまだ勉強不足です(笑)
    ブナの湯船がいいですね~
    それに足元自噴というのも魅力的です
    ご存知だと思いますが
    群馬の法師温泉にちょっと似ているかも
    あそこも歴史を感じさせる宿で
    湯船は木製ですし足元自噴です

    先日久々に湯河原に行ってきました
    http://www.seiransou.co.jp/
    ここはなんといっても滝が見える露天風呂がいいんですよ
    その他はまぁ~それなりなんですけどね(笑)
    帰りに梅の名所に寄ってみました
    http://www.yugawara.or.jp/saisin/umenoutage.html
    例年だとちょうど見ごろの時期なのですが
    今年は寒さの影響でまだ一部咲きでした
    北海道も寒いようですね
    道東では暴風雪で犠牲者がでているとか・・・
    春よ来い!ですね~

    2013.03.03 21:11 URL | 和友 #12BGKAFY [ 編集 ]

    和友さんへ

    どうもどうもです!
    そうですよね~ 蔦温泉と法師温泉・・・歴史ある木造建築&足元自噴ですよね。
    そのような湯宿が北海道にありそうでなさそうで。
    内地へ遠征する原動力がそこにあります。
    法師温泉もいつか行ってみたいです。

    湯河原ですか!!!
    東京住まいであれば、食指が動く湯宿と感じました(笑顔)
    そちらは、もう梅の見頃なのですね。今年は少し開花は遅れているとのことですが、
    いやはや、雪だらけの札幌市民から言えば、
    羨ましくて仕方ないです(笑)

    雪害によるJR運休が怖くて、ことしに入ってから、温泉巡りが滞っているような、
    そんな近況で、湯が恋しいですね(笑)

    2013.03.04 23:31 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2163-5557f7bc

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。