札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     日本海に面する増毛町は、大正末期から昭和20年代まで、ニシンの水揚げが全国一だったらしい。当時の賑わいをしのばせる歴史的建造物がアチコチに点在しており、イイ意味で北海道っぽくない街並みだ。

     小一時間ほど散策した。



    増毛駅

    増毛駅
    増毛駅 駅舎内
     大正10年開業。昭和59年1月31日をもって無人駅となった。ただし、駅舎内に特産品や食べ物を売るコーナーがある。夏期に営業するというそば処増毛駅は「今年の営業は未定です」の張り紙が貼ってあった。

    行き止まり
     JR留萌線の終着駅。留萌駅⇔増毛駅は未乗車なので、いつかは乗りたい。



    旧 旅館富田屋

    旅館富田屋
     増毛駅前に鎮座する木造3階建てのシブい佇まい。廃業したようだ。



    風待食堂

    風待食堂
     昭和8年に建てられ、中は観光案内所。映画「駅ステーション」(昭和56年・東宝)の舞台となり、映画のパネルを展示している。

    レンタサイクル
     レンタサイクル(無料)があった。観光案内所の女性スタッフに申し出て、名前や連絡先を所定用紙に書いて手続きし、増毛の街を巡ることに。



    旧商家丸一本間家

    しぶい
     国が指定した重要文化財。明治30年代の建造物で、豪商と呼ばれた本間泰蔵さんが20年の歳月をかけて完成させたって。夏期のみ見学OK。400円。



    國稀「千石蔵」

    外観
    鰊船
     國稀酒造が所有。移築したもので築100年オーバーらしい。ニシン船や漁具、昔の写真を展示しており、見学無料。冬期間は閉鎖する。

    オブジェ
    ほのぼの人形(石狩市浜益在住の人形作家・八田美津さんが作製)




    國稀酒造

    国稀(くにまれ)
     日本最北の造り酒屋で、売店、利き酒コーナー、資料室などがある。日本酒よりもビール派なので、遠巻きに外観を眺めただけ。湧き水を自由に飲めるようだ。いつの日か、日本酒を愛するオトナになりたいものだ。



    田中青果 増毛直売所

    田中青果
     4~10月の土日祝日のみ営業。「添加物不使用、純手づくり、低塩仕上げ」を謳うニシン漬が有名。留萌本店、三越札幌直売所、恵比寿三越店があり、札幌と東京でも味わえる。確かに美味しい。

     人口5,000人の増毛町。レトロな街並みや最北の酒造が観光の目玉になっている一方、夏期のみ営業の施設や店舗が散見され、冬期は寂しいイメージがする。しかしながら、食材の宝庫で、食にこだわったオーベルジュや食事処もあるだけに、静かなシーズンに訪れるのも楽しそう。


    留萌管内エリア
     散策を楽しんだ後、レンタカーで北上。まずは腹ごしらえを。

    こんにちは。
    増毛町は何の予備知識もないまま遊びに行って、古い建造物にびっくりしたことがあります。
    廃業した宿とか、本州のような趣でなんだかもったいないなぁと。

    オーベルジュは、今年泊まってきましたよ。建物は、お風呂も含めてアレレな感じで、これでオーベルジュって言っていいのでしょうか?という感想f^_^;
    でも晩御飯は本当においしかったです。朝食は超残念な感じでした。三国の名が泣くのでは?とも思いました。夕食がおいしかっただけに残念でした。お値段を考えると仕方ないのかな?
    増毛町にはまた遊びに行きたいです。

    2013.10.20 09:31 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    流石に宿出て直ぐお昼と言う訳にはいかないですよね。
    駅付近だけですが、良い感じの町並みがつづく

    実は昨日もぷらっと行って高台にある増毛小学校を見てきました 雪ふる前限定ですが私のホームグランド化しています。

    最近、建築してから一世紀近い校舎巡りもまた楽しい。

    2013.10.20 18:27 URL | いわ #- [ 編集 ]

    >建築してから一世紀近い校舎
    そんな古い校舎があったら私がビックリ!

    訂正します。

    2013.10.20 19:52 URL | いわ #- [ 編集 ]

    いっちさん、おばんです。
    いつも楽しく拝見させていただいています。

    増毛は19日に行ったばかりでした。
    歴史のある街並みは味があってよかったです。

    2013.10.21 01:42 URL | オクイ #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    どうもどうもです!
    ワタシも増毛のことは「なんかレトロらしい」のおぼろげなイメージのまま、
    訪れましたので、実際に街並みを目の当たりにして、嬉しい悲鳴をあげました(笑顔)

    オーベルジュましけ、宿泊されてましたか!
    「オーベルジュ」と言えば洋食のイメージで、三國シェフ監修であれば、なおさら、そのイメージですが、
    宿ホームページを拝見した限り、
    旅館料理を「洋物も取り入れ、ちょっと繊細にしました」な感じとお見受けしました。
    2食付1万円ちょっとのお値段なので、おっしゃるように値段相応なのかも知れないですよね。
    風呂は「温泉」と謳っているようですが、えっ、まじ、と思いました(笑)
    最近掘ったのでしょうか、それとも「運び湯」なのかしら・・・
    それはさておき、ワタシも、もっとじっくりと増毛町を楽しみたくオモッテマス!

    2013.10.21 21:50 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いわさんへ

    こんばんはです~
    夕陽荘、9時30分頃にチェックアウト後、
    すぐに増毛の市街地に着きましたので、
    いわさんエリアを散策しちゃいました。
    いわさんブログでご紹介の「すが宗」が気になって仕方なかったのですが、
    お腹が空いていなかったので・・・次回の課題です。

    旧・増毛小学校の件、承知いたしました。
    観光案内所でもらったチラシを見れば、昭和11年建築だそうですね。
    築77年って、スゴイ! とっても歴史ある建造物ですね。
    見学していないので(存在を知りませんでした・・・泣)、
    これも次回の課題となりました(笑)

    2013.10.21 21:53 URL | いっち #- [ 編集 ]

    オクイさんへ

    こちらこそ、おばんでございます。
    増毛に行かれたばかりですか!
    さっそく貴ブログでご紹介が始まり、楽しく拝見させていただいております。
    札幌周辺の歴史ある街を探索するって、灯台もと暗しで、楽しいですね~
    ワタシは温泉宿への宿泊ついでに、たまたま増毛を訪れただけなので、
    さっぱり知らない増毛のこと、勉強させて下さいませ(笑顔)

    2013.10.21 21:55 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2246-e1d20751

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。