札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    癒されたい 急きょ予約

     むちゃぶりされた仕事からようやく解放され、真夜中に缶チューハイを飲みながら「ああ、癒されたい、どこかで自分を褒めてあげたい」。そんな気分になる。
     札幌からさくっと行けて、未訪の温泉宿ってないかしら。じゃらんnetを徘徊した結果、洞爺湖温泉に近い壮瞥温泉をチョイス。予約から3日後に急きょ訪れる。ワンズレンタカー33時間7,875円なり。

    看板
     事前に聞いていた話から、「農家が兼業で営む宿」「地元に愛される温泉銭湯」がインプットされていた。うん、面白そうじゃない。



    きれいなハード

    たてもの
    【ウラ雑感】枕が臭い。お父さんの臭いがする。ちゃんと日干ししてほしい
     2005年(平成17年)に改築された建物は、外見も中身も小ぎれい。客室にウォシュレットトイレ&洗面台が完備され、なかなかイイじゃない。
     ワタシ達が泊まった新館に加え、古き良き旧館もある。そちらには、観光バスの運転手&バスガイドが泊まっていた。そう、こちらの湯宿、バス関係者の常宿のようだ。夕暮れ時、駐車場にバスが3台停まっていたし。

    意外と交通量が多く、トラックも少なくない
     洞爺湖畔のほとりに佇むロケーションに間違いはないが、客室の窓からの景色は、道路を挟んで洞爺湖がちらり見える程度だった。天気が良ければ、散策したりして楽しめそう。



    ちっちゃい浴室

    ふろ
     男女別の浴室は内風呂が1つのみ。しかもちっちゃい。湯船に3人も浸かれば、照れる距離感だ。
     それなのに、夕方は日帰り入浴客が途切れない。入浴料300円だし、もともと温泉銭湯で開業したようだし。冬場を除き、手を加えないまっさらな生湯が、湯船に注がれている姿を目の当たりにすれば、「地元に愛される温泉銭湯」の思いは間違いない。

     真夜中に1人で貸し切れば、適温の湯にトロトロ浸かって思わず長湯してしまった。



    大広間でお膳出し

    ゆうめし
    あさめし
     お膳にのった夕食は古き良き旅館料理。これに宿の名物「溶岩焼き」(別注文)が供された。有珠山の溶岩で作ったというプレートで肉、魚介、野菜を焼く。煙が立たず、じわじわ熱が食材に染み入る感じ。要するにバーベキューなのだが、2人でつつくとなんか楽しい。


    距離感
     ちょっと気になった点。大広間に宿泊客4組の食卓を夕食朝食ともに2組ずつくっつけてセッティングしているのだが、シーンと静まり返った大広間で、隣り合った2組はちょっと気まずい感じ。だって、プライベートな会話がダダ漏れなのだから、アホっぽい話が出来ないじゃない。なんか気取っちゃう。せめて音楽とかテレビの音声とか流れていたらイイのだが。この湯宿に限ったケースではないと強調しておく。



    宿裏手に広がる農園

    宿裏手に農場
     「農家が兼業で営む宿」の片鱗は、新米に見出せた。米がツヤツヤでホコホコ。確かに、うんまい。溶岩焼きに、ナス、ピーマン、パプリカ、タマネギが供され、みずみずしい食感だ。
     欲を言えば、せっかく農家が営んでいるのだから、自家製野菜を活用したメニューがもう1品あればと。例えば「タマネギまるごとオーブン焼き」だったら、そんなに手間ひまかからない。刺身はいらないから、などと夢想する。
     しかし、これで8,000円ぽっきりなのだから、アレコレ贅沢を言っちゃイケナイ。そう戒めた。

     洞爺湖にほど近いこじんまり温泉宿。全体的に昭和の空気が流れつつ、ハードは新しいし、旅館料理に溶岩焼きというバーベキューが新鮮だ。風呂は狭いが温泉はもちろんあったかい。そして女将さんも優しい応対だった。歓楽的な要素は一切ないシンプルな営業スタイルゆえに、静養や出張に活用すれば「当たり」の印象を強くすると思う。

     もちろん、癒された。

    今回も名湯の旅ですね(^_^)
    私もお気に入りの湯です。

    2013.11.10 15:39 URL | 温泉マン #SIR.BgG2 [ 編集 ]

    温泉マンさんへ

    札幌近郊で、まだ行ってなくて、お湯が良さそうで、2食1万円以下・・・
    と考えた結果、こちらを選びました。
    くせのないまっさらな生湯で良かったです(笑顔)

    2013.11.10 16:14 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2257-61277502

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。