札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ○○観光ホテル イマイチ?

     誤解を恐れずに言えば、平成の世にあって「○○観光ホテル」って聞くと、古臭いイメージを持つ。かつては団体客で繁盛しまくったものの、もうそんな時代ではなくなり、鉄筋造りのくたびれた館内に閑古鳥が鳴いている感じ。

     良くも悪くも「昭和遺産な宿」として受け止めてしまい、「時代に置いて行かれた風情がたまらなく好き」&「子どもの頃、親に連れられて来た風情が懐かしい」などと、プラス思考の好事家以外は、あんまり食指が動かないかしら。

     そんなレッテルの上で、「○○観光ホテルって名乗る宿は、イマイチだよ」と、ワケ知り顔で説けば、酒宴でのネタにはなりそうなものの、冷静に考えれば、肝心かなめのエビデンス(根拠)がまったくないことに気づく。
     仮に「北海道観光ホテル」という宿が、「大地の宿 スパリゾートホテル フォレスタ―」って改称したところで、中身が変わらなければ、どうなのって。
     「○○観光ホテル」ってひとくくりにして、分かったふりをするって、恥ずかしい言動だよね、ゼッタイに。反省しきり。

    大箱系な佇まい
    館内図
     確かに川湯観光ホテルは、昭和36年(1961年)に創業した68室の中規模宿で、道路を挟んだ向かい側にコンベンションホールを設けており、往時の繁栄を偲ばせる造りだ。

     でも、宿ホームページ(スタッフ撮影の写真が上手過ぎる!)を拝見する限り、平成19年(2007年)から「夕食」を中心にリニューアルを図り、イマドキのしゃれたニーズを受け止めているような気がする。
     「ひょっとして、イイ宿なんじゃないか」と思わせる魅力を感じ、「見る前に跳べ」とばかりに、実際に泊まってみた。楽天トラベルで1人9,800円+入湯税150円=9,950円×2人分。1人当たり福沢諭吉1枚で、どれだけ満足できるか、興味しんしんだ。



    3品+ブッフェ 個室風で夕食

    個室風
     リニューアルされた夕食処は、パーテーションで隣席と区切り、プライベート感を漂わせる。夕食は基本的に「あらかじめテーブルにセットされた3品と、あとはブッフェスタイルで取り放題」。セットの3品がやっつけではなく、ちゃんとした料理なのが嬉しい。特にマグロカマは、食べ応えがあって美味しい。

    ブッフェ
     ブッフェ(フランス語)という名のバイキング(日本での造語)は、全15品。大箱ホテルのバイキングに慣れていれば、「たった15品なんて少ない」と思うかもしれない。しかし、品数さえあれば良いというものではない。地産地消の食材をメーンに手料理にこだわったメニューは、お世辞抜きに水準以上だ。特に地元豆腐屋から仕入れて作った麻婆豆腐は、山椒がピリリと効くオトナの味わいで、ほっぺた落ちそう。

     とにかく、セットされた3品を食べつつ、好きなものを取りに行って、個室風のテーブル席でゆっくりのんびり食せるから好き。大広間で食す昭和スタイルでは、こうはいかないだろう。
     朝食は、大きな会場でバイキングだが、種類豊富で頑張っている。

    工夫している1シーン
     夕食処の周辺にこんなしゃれた風情を築いている。駄菓子を買い、屋台ラーメンを啜る。テーマパーク風情と言ってしまえば、そうなのだけれども、他にやっている宿がどれだけあるか。頑張っているなあ、と感心する。



    3種の温度 味わう浴槽

    熱湯の湯口
     川湯温泉は「北の草津」の異名通り、硫化水素のタマゴな臭いを感じる強酸性の湯が、とっても刺激的。湯抜き掃除し新湯を張ったチェックイン直後は透明な湯なのだけれども、翌朝は白く濁る。空気に触れて劣化している湯の様をまざまざと見せつけられ、自然って不思議、と思ったりする。

     この宿のイイところは、温度の異なる浴槽を3つ揃えている点だ。アツ湯、ちょうどイイ湯、ヌル湯をそれぞれ味わえ、いつもより入浴時間が長引くほど楽しめる。



    福沢諭吉1枚で満足

    きれいな客室
     個室風の夕食処で地産地消ブッフェ(個人的にはバイキングという呼称がしっくりくる)を味わい、何より川湯温泉の強酸性のエグイ湯を、温度の異なる3種の湯船で夜通し堪能できた。それで9,950円という1万円を切る絶妙な価格設定に、「お値段以上、それ以上」(@ニトリ)と強く感じてしまう。

     ○○観光ホテルという名称に対する個人的レッテルは、見事なまでに裏切られた。もちろんイイ意味で。だから、いささかお値段が張るものの、こじゃれたリニューアル和洋室の客室にも興味を抱く。これで札幌から至近距離だったら、リピート間違いなしだ。

     宿の名称はどうだってイイ。やっぱり中身だよね、ゼッタイ。

    いっちさん、お久しぶりです
    川湯に行かれたんですね
    ボクも今年の夏に初めて行ってきました
    お湯がとってもよかったですね
    もう少し近ければ毎年いくんですが・・・
    駅にある喫茶オーチャードホールがいい雰囲気でしたよ
    http://www.h7.dion.ne.jp/~kawayu/
    ここはビーフシチューがご自慢だそうですが
    中途半端な時間だったためソフトクリームで我慢することに(笑)
    次回は挑戦してみたいと思います
    来年もお時間がございましたら是非お付き合いくださいませ
    それではよいお年をお迎えください♪

    2013.12.31 11:38 URL | 和友 #rt6yhV.U [ 編集 ]

    あけましておめでとうございます!
    今年もよろしくお願いしますm(__)m

    今、南国モルディブにおります。
    時代は進み、難なくインターネットができるようになっていました。

    今年もたくさんよい温泉宿に出会えますように!

    2014.01.01 13:21 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    和友さんへ

    お元気そうで何よりです!
    旧年中は大変いろいろお世話になりました(笑顔)

    和友さんが川湯に行くと聞いて、触発されて行ってきました。
    お教えいただいたビーフシチュー、だいぶ以前に食べたことあります~
    川湯温泉駅のあの渋い風情で、ぜひ今度は食事されることを祈念します。

    今年も温泉よもやま話にお付き合いいただきたく思い、
    新年のごあいさつに代えさせていただきます(笑顔)
    よろしくお願い申し上げます!

    2014.01.03 14:10 URL | いっち #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    モルディブですか!!!
    そこから書き込みできるのですね、いやはやグローバルに旅されてますね!
    青いビーチでリゾートを満喫され、リフレッシュなされていることと存じます。
    札幌は寒いです。めちゃめちゃウラヤマシイです(笑顔)
    ところで、モルディブって、インド方面にあるんですね。
    てっきり、バリ島とか、あっちの方と思ってました。勉強になりました。

    モルディブと聞き、びっくりしちゃいましたので、御挨拶が遅れましたが、
    改めまして、新年おめでとうございます。
    また、いろいろお教え下さいませ。よろしくお願い申し上げます。

    2014.01.03 14:12 URL | いっち #- [ 編集 ]

    初めまして!私、一読者と申します。
    北海道の川湯観光ホテル。良いですねぇ。一度泊まってみたいです。
    それと、確かに観光ホテルと言うと、団体客向けの旅館をイメージすると思いますが、日本で初めて観光ホテルを名乗った長崎県にある雲仙観光ホテルは、れっきとした洋式のリゾートホテルみたいですね。

    2015.08.15 15:40 URL | 一読者 #- [ 編集 ]

    一読者さんへ

    こちらこそ初めまして。
    コメントありがとうございます!
    川湯観光ホテルは1万円くらいで泊まりましたが、
    お湯良し、食事良しで大満足でした。オススメします~

    お教えいただいた雲仙観光ホテル・・・
    歴史と風格のあるリゾートホテルですね!
    九州=暑い、と思ってましたが、雲仙は避暑地で涼しいと事実を
    初めて知りました。とても勉強になります(笑顔)

    2015.08.16 08:54 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様、返信ありがとうございます。
    確かに仰る通り、九州は暑いというイメージがありますが、雲仙は明治から昭和初期にかけて外国人向けの避暑地として発展した歴史があります。温泉街はさほど広くはありませんが、スイスの山小屋風の建物に統一されていてオシャレです。

    もし、機会が有ればいっち様も一度遊びに来られてはいかがでしょう?(笑)

    2015.08.18 00:04 URL | 一読者 #- [ 編集 ]

    一読者さんへ

    返信ありがとうです~ 雲仙を知らぬワタシにとって、
    20年以上前の火砕流のイメージが強いのですが、
    活火山があるからこそ、
    アツアツの温泉が湧出していると改めて感じました。

    九州の避暑地でまったりしたいものです。
    博多でレンタカーを借りれば、2時間半で行けると、
    グーグル先生が教えてくれたので(笑)
    いつの日か、ぜひ行きたいです~

    2015.08.18 20:54 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2267-63aae2ca

    | ホーム |