札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    湯口
    温泉分析書 平成10年6月8日

    ・源泉名 日奈久温泉旅館協同組合(混合泉)
    ・湧出地 熊本県八代市日奈久中町温泉追早377-3
    ・43.9度
    ・殆ど無色澄明 無臭 微塩味
    ・pH8.03
    ・蒸発残留物770mg/kg
    ・溶存物質909.2mg/kg
    ・総成分量913.6mg/kg
    ・単純温泉

     冬季加温。塩素殺菌。毎日湯を抜いて清掃している。

     日帰り入浴は「事前に要予約」で対応。

    殿方

    殿方前
    男性
    2槽
    脱衣所&浴室一体型
     脱衣所と浴室の一体型。蛇口やシャワーはない。シャンプー、リンス、ボディーソープあり。

    いっちさん、こんばんは。
    ページを拝見し、思わず!×∞の驚きと喜びが(笑
    この浴室の佇まいに魅かれて数度宿泊を検討するも、休館日にあたってしまったり等々で泊まれず、熊本旅行での宿題のようになってしまっている宿なのです。
    浴室に限らず木造三階建ての建物も本当に素晴らしい趣で、画像を拝見し、この素敵な空間にいる自分を妄想しウットリしています(^^ゞ

    2014.03.19 01:23 URL | D #fBweyL1. [ 編集 ]

    Dさんへ

    こんばんはです!
    Dさんも宿泊すべく、いろいろアクションを起こしていたと聞き、
    これはやっぱり、新湯旅館はとんでもなく魅力的なのだと、痛感しました(笑顔)
    時間が止まったままの館内に歓喜極まるとともに、
    やはり浴室の趣がサイコーでした。
    2012年夏の宿泊でしたが、
    ことしも年賀状をいただき、これは再訪せねばならぬと
    鼻息荒い今日この頃です(笑顔)

    2014.03.19 22:37 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2293-7c351faf

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。