札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    飲泉
    温泉分析書 平成18年11月8日
    ・源泉名 白木川内-1号泉
    ・源泉所在地 出水市上大川内5000番地
    ・単純硫黄温泉(低張性、アルカリ性、高温泉)
    ・42.0度
    ・無色透明、硫化水素味、微硫化水素臭
    ・pH9.2
    ・ラドン含有量 0.4(百億分の一キューリ一単位)
    ・蒸発残留物0.284g/kg
    ・溶存物質0.357g/kg
    ・成分総計0.357g/kg

    温泉分析書 昭和60年9月5日
    ・泉源名 白木川内温泉(2号泉)
    ・単純硫黄泉(低張性、アルカリ性、高温泉)
    ・44度
    ・無色透明、無味無臭。弱硫化水素臭
    ・成分総計0.304g/kg

    料金表
     浴室は2ヵ所ある。日帰り入浴は6~21時まで。150円。
     シャワー、シャンプー、石鹸類は一切ない。
     日帰り終了後、掃除するので浴室は閉鎖。宿泊客も日帰り客と同じ時間帯に入浴する。

    1号泉(男女別)

     宿の玄関を出て、階段を降りる。

    風呂へ続く階段
    女湯の奥に男湯あり
    男性脱衣所
     男女別に浴室あり。

    岩風呂
    シンプル
     岩の割れ目から湯が出ているという。いわゆる足元自噴。

    川
     川のせせらぎを聞きながらの湯浴み。




    2号泉(男女別)

     旭屋旅館の隣にある「白川川内温泉山荘」。その宿の玄関前に浴室があり、入浴することが出来る。
     よくよく聞けば、「1号泉」「2号泉」の浴室ともに、2つの宿で共同利用しているとのこと。

    もう1つの風呂
    もう1つ
    湯舟
    穴倉













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2299-6ca4baa0

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。