札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     鹿児島県のシンボル「桜島」は、ちょいちょい噴煙を上げる火山島。いわゆる火山灰が鹿児島市内に降り注ぐニュースを拝見し、こうした自然と共存している皆様に頭が下がるばかり。

     一方、温泉ファンの視点で言えば、「だったら、アツアツの温泉に恵まれているんじゃない」って。探したらありました。桜島シーサイドホテル。盆休み真っただ中なのに、1人旅OKの懐の深さに、まずは胸キュンした次第である。


    絶景 にごり湯

    早朝
    夕暮れ
     ああ、これはスゴイ絶景だ。宿自慢の混浴露天風呂は、鹿児島湾(鈴江湾)を一望できる。昼、夜、朝・・・自然が織りなす光のグラデーションが美しい。

     眺望自慢の温泉宿は全国でいっぱいある。ただし、この湯宿は湯もスゴイ。塩化物泉の源泉が湯船を満たし、空気に触れて緑がかった湯が美しい。苦味、塩分、土臭さが感じられる濁り湯だった。塩素を入れてるって表示が内風呂脱衣所に掲示してあったが、ワタシは内風呂、混浴露天ともにぜんぜん感じなかった。鈍感なのだろうか。

     いずれにしても「塩素」という情報の独り歩きに振り回されない姿勢が楽しみ上手なオトナだ。混浴露天風呂は、持参した湯浴み着OK(おそらく女性のみ)。


    にごり湯


    THE 旅館料理

    夕食全景
    朝食
     ありていに言えば、旅館料理な夕食は、刺身の鮮度が高い上、きびなご刺もあったりして、九州らしい甘い醤油で食すと、ご当地の食文化を感じる。固形燃料であたためるものが豚角煮というのも面白い。何より、1人旅なのに夕食は部屋だしだったのが嬉しい。客室に冷蔵庫がないから、持ち込んだ飲み物は、チェックイン時に預かってもらい、夕食の時に冷えたものを持ってきてもらった。朝食はシンプルな感じ。



    母なる海に包まれ

    縁側
    鹿児島湾
     いや、あれですよ、建物は昭和の観光ホテルな古い感じだし、食事は旅館料理に過ぎない。でも、真夏の鹿児島で、天気はピーカン。青い空と海が広がるロケーションは、シーサイドホテルの名に偽りなし。風呂で、客室で、キラキラ光る海原を眺めていたら、なんだかココロが落ち着いてくる。羊水に包まれた胎児のような気分かしら。

     じゃらんネット予約11,700円。盆シーズンに「よくぞ1人旅なのに泊めてくれました」と礼を言いたい。14時00分チェックインとしていたが、バス時間の関係で遅れる旨を電話した上で、間違って1つ前のバス停で降りてしまい、歩いてホテルへ行くと、女将さんっぽい方が「あらら(間違って1つ手前のバス停で降りて)、大変でしたね。バス停前で待っていたんですよ」。その言葉を聞いて、なんだか嬉しくなってしまった。

     桜島シーサイドホテルに好印象だったので、鹿児島、そして桜島が大好きの気持ちをいっぱい感じたまま、北海道へ帰るのだった。

     とにかく、時間帯や季節によって変貌する混浴露天風呂のシーンを眺めに、ぜひとも泊まって味わいたいものだ。

    いっちさん、ご無沙汰しております。
    ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか?

    私は胆振日高のお風呂をめぐってきました。まず、三石温泉。タダ券をもらったので早速。景色がいいですね〜。あと、白老虎杖浜のぬくもりの湯。桜島シーサイドホテルに負けず劣らず館内に漂う昭和の香り〜。お湯がすごくよかったです。どちらも日帰りでした。
    そして、様似のアポイ山荘という宿に泊まりましたが、ここは残念な事に温泉ではないんです。でも、それを補うかのような立派な施設と展望風呂、美味しい食事に満足でした。

    桜島シーサイドホテルのお風呂、いっちさんがそこまで褒めまくるとは、素晴らしいところなんでしょうね!夕焼けの写真がすっごく綺麗です!行きたーい!

    2014.05.06 21:57 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    おはようございます。
    GW、登山ですか? 楽しまれたようで何よりです(笑顔)
    日高方面は、ご存じのように温泉不毛地帯(もちろん、ありますけれど・・・)なので、
    個人ではほとんど行ったことないですね。
    アポイ山荘もそうですが、
    温泉のない宿泊施設は、温泉に胡坐をかかないサービスに力を入れ、
    お泊まり満足度が高いケース、ありますよね。
    りきりきさんを見習って、温泉にこだわらない旅も充実させていきたいものです(笑顔)
    虎杖浜・ぬくもりの湯・・・あそこ、お湯&鄙び感がイイですよね~
    だだっ広い休憩室でラーメン食べて、畳の上でゴロリ横になっていると幸せいっぱいです。
    ワタシのGWは南東北を少し巡ってきました。
    土地勘のない場所をウロチョロするのも楽しいですね。

    桜島シーサイドホテルは、期待していなかった分、ロケーション&湯の良さに満足でした。
    お天気に恵まれたので、なおさら、でしたよ~

    2014.05.08 07:23 URL | いっち #- [ 編集 ]

    お察し通り、登山&温泉して来ました。あとビールも(*^_^*)

    南東北!
    蔵王や銀山とかですか?
    いや、いっちさんならもっとマニアックな場所選びそうですね〜。

    そうそう、私もいっちさんに刺激を受けて最近登山ブログを始めたんです。タイトルは、「明日のおにぎり」です。タイトルで検索したら出てくると思います。もしよろしければ、読んでみてください。温泉情報も、“下山後の楽しみ”のカテゴリでちょこっと載せています〜。

    アポイ山荘、温泉だったら文句なしなんですよね〜。

    2014.05.08 08:06 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    おはようございます。やっぱり登山でしたか!
    以前もおっしゃっていたから・・・と思ってましたら、
    ブログ開設ですか! これはもう、要チェックです(笑顔)

    GWは日本秘湯を守る会とか、ある意味、メジャーな宿ばかりでした。
    気持ちが新鮮なうちに、日記をまとめてみたいと思ってますが・・・(笑)

    2014.05.10 05:51 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2316-8f024607

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。