札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     岩内町の雷電温泉は、1963年(昭和38年)に開湯。町所有の源泉(カルシウム-硫酸塩泉)に対し、一切手を加えない姿勢で、湯船にざんざか注ぐイイ感じの温泉地だった。そして、高台から日本海を望む絶景が穴場な観光地でもあった。


    ホテル八一

    廃業していた八一
     ホテル雷電を継承した「ホテル八一」は、いつの間にか廃業していた。


    観光かとう

    人気のない観光かとう
    告示書
     10年以上前に「観光かとう」へ泊まったのを契機に「温泉宿への宿泊」という魅力に引きずり込まれた。そうなんです、思い出の温泉宿なんです。なんて感想はたった2回しか泊まっていない、ほぼ一見客のセンチメンタルな思いであって、破産管財人という弁護士による告示書を拝見し、コトの重大さを感じる。

    没落の雷電温泉
     しかしながら、刀掛岩を拝める絶好のロケーション。このままじゃ、モッタイナイ気がする。妄想しちゃうと、野口観光、鶴雅、ふる川、定山渓第一寶亭留あたりが買い取って、お得意のリノベーションの上で、新装オープンしてくれないかしら。でも、ホテル八一も観光かとうも、シロウトが見てもボロボロ過ぎるから、買い手がないのだろうな、きっと。


    かつて、ホテル八一がテレビ放映

     ちなみに、ホテル八一のロビーにあった日本庭園は「擬岩職人」による匠の技で作られたらしい。
     2012年5月21日、テレビ東京系「和風総本家」というテレビ番組を制作している番組スタッフからメールがあって、写真提供の申し込みがあった。素直に応じたら、5月31日に放映された番組でそのまま使われていた。

    和風総本家の画像
    東MAX!
     マメにネット検索して、写真提供を求める番組作りの姿勢に感心した。テレビ放映に当たって、ブログ掲載サイズだったら解像度が低いため、原寸大の写真が良いんだって。でも、ワタシじゃなくて、宿にお願いして写真を送ってもらうという手もあったと思うが。製作サイドは宿に電話し、日本庭園が「擬岩」であることを確認したと聞いている。

     閑話休題。

     一応、「雷電温泉郷」という定義に沿えば、ここから結構離れたみうらや温泉旅館が現存しているものの、やっぱり刀掛岩を目の前でどーんと望めるメーンステージに、温泉宿が無くなってしまったという事実は、ちょっぴり寂しい。

    いっち様

    未湯の雷電、昨秋旧ホテル八一の前からやっと刀掛岩を見ることができました・・。
    それだけではと思い林道を突破して朝日温泉さんの現況を確認。建物はしっかりと管理されているようでした。途中札幌ナンバーのセダンとすれ違いましたが関係者だったかもしれません。
    再開をじっと待ちたいと思います。
    そしてみうらやさんで探索の汗を流し帰路につきましたvv。

    2014.05.31 17:33 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんへ

    雷電温泉へようこそです(笑顔)
    ワタシも昨秋訪れたので、
    ひょっとしたらニアミスしていたかも知れませんね~
    朝日温泉、現地まで行ける状況なのですね。
    貴重な情報ありがとうございます!
    災害後、河川などの復旧工事のため、みうらや温泉旅館に工事関係者が
    泊まっていたそうです(なので、宿泊を断られたことあり・笑)
    そうそう、みうらやの池のような露天風呂、なかなかオツですよね。

    2014.06.01 06:49 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2325-c12a4551

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。