札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     登別駅前に、手湯「鬼っ子ゆ~くん堂」が出来ていた。2014年3月25日設置という。

    手湯
    鉄分で茶色に
     冷泉でひゃっこい。口に含むと、鉄サビの味わい、タマゴの匂い。設置から1~2ヵ月程度で、台座に温泉成分がこびりつき、色を染める。
     駅裏のフンベ山方面から古い源泉を探り当て、そこから引っ張っているようだ(室蘭民報2014年4月22日朝刊)。

    由来
    たぶん、飼い猫
     ネコがいた。

    登別駅前の不動産屋にて
     登別駅前の不動産屋にて。竹浦、温泉付。何年も前からチラシを張ってある。

     久々の白老めぐりで、「ドライブイン亀や」「松尾ジンギスカン」「民宿かもめ」が、のれんを下していたことに気づいた。ブログに記していないが、ドライブイン亀やで、食事後の入浴を断られた一方、松尾ジンギスカンでは、体中に気泡がまとわりつく湯を味わった。今となっては良き思い出だ。
     白老に流れるのんびりした空気を味わいに、また訪れたい。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2340-ada3fe6a

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。