札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     函館・湯の川温泉に佇む温泉宿。2回目の宿泊だ。
     2人泊で1人10,650円ながら、じゃらんポイント活用で9,650円に。

    ハード
    外観
    ロビー
    和室
    トイレ&冷蔵庫洗面台&バス
     客室はトイレ、洗面台、冷蔵庫あり。



    風呂
    湯口(男性内湯)
    温泉分析書 平成20年10月30日
    ・源泉名 ホテル入川
    ・湧出地 函館市湯川町3丁目9-7
    ・泉温61.9度 毎分100リットル(動力揚湯)
    ・無色澄明、カン味、無臭
    ・pH7.0
    ・蒸発残留物8.293g/kg
    ・溶存物質8.212g/kg
    ・成分総計8.386g/kg
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性等張性高温泉)

     加水(水道水)、毎日清掃(男女すべての浴槽の湯を入れ替え)

    浴槽(女性内湯)
    女性露天風呂
     この日、露天風呂は男女とも休止中。その理由は「配管がスケールで詰まったから」。温泉成分の濃さを示すエピソードだ。スタッフに「自宅に何度もお電話したんですが・・・実は露天風呂が・・・」と断りあり。



    夕食
    夕食全景
    ドリンクメニュー
     夕食時間18~20時まで。



    先付
    先付
    ・タコの卵、いぶりがっこチーズ巻き、かまぼこ、そら豆


    刺身
    刺身
    ・タイ、ブリ、サーモン


    焼魚
    焼魚
    ・銀ガレイ西京焼


    茶碗蒸し
    蒸物
    ・茶碗蒸し


    焼肉
    焼物
    ・牛肉、野菜(タマネギ、シイタケ、カボチャ)

    ◆後出しメニュー

    天ぷら
    天ぷら
    ・エビ、ししとう、さつまいも、イカ


    食事
    食事
    ・白米、お吸物、漬物、もずく酢


    デザート
    デザート
    ・マンゴープリン





    朝食
    朝食
    レストラン
     朝食時間7~9時まで。



    雑感
    源泉
     湯元というだけあって、玄関前に源泉が鎮座する。配管が詰まっちゃうくらい温泉成分は濃いものの、浴感はこざっぱりした感じ。
     食事は「THE 旅館メシ」。刺身、天ぷら、茶碗蒸し・・・ありきたりと思いきや、これがまた鮮度が良く、後出しがあったりして美味い。先付の「タコの卵」はトロトロした食感。牛肉を焼いてパクリすると幸せだなあ。

     これで10,000円前後の宿泊料は、納得プライスと思う一方、なんかこう全体的に地味な印象を受ける。閑散としたロビー周りや殺風景なレストランといった、くたびれているハードがそう感じさせるのかしら。言い方を変えれば、イマイチぱっとしない風情ながら、湯元のフレッシュな湯を味わえ、食事内容も底力を感じる。穴場の温泉宿というものは、案外、こういうタイプを指すのかも知れない。外見より中身という意味で。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.07.19 16:35  | # [ 編集 ]

    鍵付きコメントさんへ

    コメントありがとうございます!
    ヨロシクお願い申し上げます(笑顔)

    2014.07.21 19:19 URL | いっち #- [ 編集 ]

    この宿は、6年ほど前に宿泊したことがあります。お風呂が熱くて大変だった記憶が・・・・(笑)。

    食事は普通に美味しかったですね。新鮮な海の幸メインでした。全体的に見て値段は手軽ですし良い宿だと感じました。

    いっちさんご指摘のとおり、建物が古くて華やかさがないことが、この宿の特色だと思います。でも、バイキングメインの大きな宿と同じ値段なら、こちらの宿のほうが価値はあると思います。

    いっちさんのご意見、まさに“同感”です!!

    2014.07.21 22:26 URL | じゅん #MvSKUjhA [ 編集 ]

    じゅんさんへ

    こんばんはです!
    お互いこちらにお泊まりとあって、ご縁を感じます(笑顔)
    3月3連休に泊まって、夕食時に数組しかいなかったので、
    ちょっと寂しく感じた次第です。
    同感いただいたように(嬉しいです)、
    バイキングの大箱ホテルはいつでも泊まれるので、
    こちらの湯宿をチョイスされる方が、少しでも増えることを期待します。
    見かけに左右されちゃいけないですよね~やっぱり(笑顔)

    2014.07.23 20:56 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2352-f3a66182

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。