札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     登別温泉の温泉街は、北海道では珍しく飲食店や土産屋でそれなりに賑わっている。温泉宿に1泊し、夜は居酒屋に繰り出すという遊び方をやってみた。

    出入り口
     さざり湯の裏側に面する居酒屋。鬼楽家は「きらくや」と呼ぶ。日曜定休。

    店内
     オープン直後の18時過ぎ、客はワタシたち2人だけ。女性スタッフ2人で出迎えてくれた。
     コの字型のカウンター+小上がり。
     

    ドリンクメニュー抜粋(価格は税抜き、2014.01現在)

    ・生ビール(エビス)450円
    ・発泡酒(キリン淡麗)300円
    ・梅酒ロック480円
    ・チューハイ各種300円
    ・カクテル各種380円
    ・ソフトドリンク各種200円
    ・日本酒、焼酎の銘柄多数



    お通し
    お通し
    ・タコ刺とろろ和え


    前菜
    冷ややっこ
    ・とうふサラダ280円


    刺身
    刺身
    ・刺身2点盛(ヒラメ、ツブ)780円


    焼魚
    焼き魚
    ・ツボダイ580円


    焼物
    いも
    ・じゃがバター380円


    焼肉
    肉
    ・ひつじ焼480円。ワサビ醤油で食す。店オススメメニュー。


    食事
    おにぎり

    ・おにぎり120円

     ビールや梅酒を飲んで、2人で4,443円。安い!
     自宅が近かったら常連になっていそう。

    温泉街
     温泉宿に泊まって、夕食は温泉街の居酒屋で食す。
     こういう楽しみ方、とっても新鮮だ。

    登別は泊食分離で泊まりやすいところですね。
    こういう楽しみ方、北海道ではなじみ薄いからなぁ。

    2014.07.28 22:51 URL | オクイ #- [ 編集 ]

    ご無沙汰しています。
    今回の旅は正に王道の旅ですね。
    私もこういう旅に憧れています。
    これで気軽に外湯巡りができれば最高ですね。

    2014.07.29 03:29 URL | 温泉マン #nlnTgiQk [ 編集 ]

    オクイさんへ

    泊食分離というスタイルは、
    全国でどのくらい普及しているのでしょうかね~
    オクイさんは川湯温泉で体験されたと存じてます(笑顔)
    居酒屋で供されたメニューがすべて美味しかったので、
    当たりでした!

    2014.07.29 23:29 URL | いっち #- [ 編集 ]

    温泉マンさんへ

    夕食は温泉街の居酒屋、そして外湯めぐり・・・
    温泉マンさんが内地の温泉地で楽しまれている一端を、
    今回、登別温泉で味わってきました(笑顔)
    真冬(1月)だったので、正直、外へ出るのが億劫だったのですが、
    一度出てしまえば、楽しかったです~

    2014.07.29 23:29 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2353-7c68a236

    | ホーム |