札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     道産子のソウルフードと言えば「ジンギスカン」。ヒツジの肉を焼いて食べるという食文化である。それ、北海道の温泉宿でも味わいたいな。ただひたすら、ジンギスカン専門店のようにジュージュー焼いて大いに食らう。
     今は無き、いとう温泉で味わったことがあるけれど、最近の札幌近郊でどこかないかしら。



    温泉宿でジンギスカン

    夕食
     ありました。札幌からレンタカーで2時間。蟠渓(ばんけい)温泉の湯人家(ゆのとや)がそれ。夕食は和食orジンギスカンorすき焼きからチョイスできた。宿ホームページを見れば、ジンギスカンの場合、中庭に佇む東屋で食せるというので、当日チェックイン時に「(中庭の真ん中の)東屋で食べたい」と言えば、「(レストラン側の)テラスでもイイですか」と。
     8月の蟠渓温泉は、19時前に日没しちゃうから、照明のない東屋での食事は、明るいうちに済ませてほしいとのこと。この日、東屋で食事した宿泊客は17時00分スタートだった。

    レストランテラス
     ワタシ達は、レストランの外の屋根付テラスで、18時00分から地元精肉店の味付ジンギスカンを食らう。1人500gも提供され、2人なので1kgだった。これはお腹一杯。新鮮なサラダとミニおかずを供され、満足至極。キャンプ気分な夕食を味わえた。朝食の手作り和食も、これまた美味い。

    蚊取り線香
     夏の日の夕刻に、アウトドアで食事するって、虫さされに気を付けなければならない。宿側はちゃんと蚊取り線香を配置してくれた。だからこそ、安心して浴衣姿で楽しめるというわけだ。
     いま思うと、「屋外で食べたい」と申し出なければ、和食膳のお客さんと一緒のレストラン内で、ジンギスカンを食べることになる。それって、周囲の方々に羊肉特有の脂っこい臭いを振り撒くことになってしまい、恐縮する。少なくとも真夏にジンギスカンを頼んだならば、アウトドアで食べてみよう。夏休みって感じで楽しいよ。


    清潔な館内

     1994年(平成6年)に創業した温泉宿は、ちょうど20周年の節目を迎えた。風呂の造りを含め、小ざっぱりしたデザインながら、注がれる透明な湯はアツアツの含石膏-食塩泉で、真夏は長湯がキビシイものの、湯上がり時、湯切れが良く、肌は温かいものの爽やかだ。真夜中は宿泊客の貸し切りとなる。

    明るい浴室
    和室
     全10室の客室は、8畳間+ミニキッチン+洗面台+トイレ+バルコニーで、1人暮らしのアパートみたいな間取りだ。湯治を意識した設計ながら、北海道でどれだけニーズがあるか、リピートしたら聞いてみたい。

    泊まって無料のお湯めぐり券
     宿泊客オンリーの企画として、チェックインした当日と翌日の2日間に限り、新たにネーミングした奥洞爺温泉郷(壮瞥温泉、蟠渓温泉、北湯沢温泉)の参加7施設に無料で日帰り入浴できる「泊まって無料のお湯めぐり券」がある。なんて太っ腹なサービスなのでしょう。スタッフに申し出て、券をもらおう。ワタシ達はチェックアウト後に蟠岳荘で湯浴みを楽しんだ。

     アウトドアでジンギスカンを食らいつつ、アツアツの透明湯を味わって、清潔な客室でまどろむ。消費税が8%にアップした世知辛い世の中にあって、2食6,950円は穴場すぎて涙が出ちゃう。



    JTB「旅」 バックナンバーに歓喜
    旅
     おまけの話。2階客室前の廊下に、複数の本棚が並ぶ。目を引いたのが、かつてJTBが発刊していた月刊誌「旅」だ。1988年(昭和63年)~2002年(平成14年)の期間のものが、いくつか散見された。
     今から20年余り前の「旅」を拝見したら、「トラベラーズ・サロン」というコーナーを発見。読者がいわゆる文通相手を求めており、旅好きをアピールする男女の、自宅住所、氏名、年齢がフツーに記載されている。湯人家がオープンした20年前のニッポンは、とっても牧歌的ではないか。時代の大きな変化を痛感したのだった。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014.09.02 17:02  | # [ 編集 ]

    鍵付きコメントさんへ

    ありがとうございます!
    北海道2泊3日+αの旅、無料の湯を含め、精力的に巡られたようで何よりです(笑顔)
    北海道らしい湯を味わうならば、道東がイイ感じですよね。
    札幌に住んでいると、道東は遠いなあと思っていて、あんまり経験ないんです~
    道東のこじんまり旅館&民宿、攻めてみたい今日この頃です。
    またのご来道をお待ち申し上げます(笑顔)

    2014.09.03 20:49 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんにちは!
    ここのお宿も良さそうですね。
    ジンギスカンの写真、美味しそうです。
    香取線香の写真もアングルが素敵です♪

    2014.09.05 18:06 URL | 名無し #- [ 編集 ]

    名無しさんへ

    おはようございます~
    どなたかお察ししております(笑顔)
    湯人家は、思いのほか良かったです。
    灯台もと暗しを痛感しました。
    登山の折にぜひ!

    札幌はじわり秋の気配が忍び寄ってきましたね。
    肌寒くなってくると、ますます温泉が恋しくなってきますね!

    2014.09.06 06:45 URL | いっち #- [ 編集 ]

    あれ? 名前を入れ忘れておりました、すみません!
    でも、察していただけましたね、す、鋭い^o^

    登山後に良さそうだなーと思いつつ読んでました。ジンギスカンでたっぷり栄養補給できそうです。

    2014.09.06 08:19 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    推測が当たって、とっても嬉しいです(笑顔)
    ここのジンギスカンは、美味かったです。
    体力を使いまくった登山の後にぜひ!
    もちろん、テント&車中泊とは違って、宿へのお泊まりは快適ですよ~

    2014.09.07 22:14 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2360-4e77fa96

    | ホーム |