札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    浴槽
    温泉分析書 2002年(平成14年)3月6日
    ・申請者 風間浦村長
    ・源泉名 下風呂温泉(大湯再)
    ・湧出地 風間浦村大字下風呂字下風呂113
    ・64.0度(湧出量:測定不能)
    ・無色透明、塩味硫化水素臭
    ・pH2.4
    ・蒸発残留物2.792g/kg
    ・溶存物質3.2983g/kg
    ・成分総計3.6112g/kg
    ・酸性・含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)

    湯治十戒
     日帰り入浴は受け付けていない。ただし、下風呂温泉の宿泊者を対象に販売している「遊めぐり手形」を活用すればOK(7~21時)。
     この手形のコンセプトは「宿泊のお客様に浴衣姿で温泉街を歩き、古くから残る温泉街の風情を楽しんでいただきたい」なので、「入浴のみのお客様にはご利用頂けない状態です。どうぞご理解下さい」(風間浦村商工会)としている。注意されたし。

    男湯

    湯船1つ
    透明な湯
    階段を下りる
     カラン2ヵ所。リンスインシャンプー、固形せっけん。




    女湯

    男湯より浴室が狭い
    湯は透明。しかし、底に沈殿物があり、かき混ぜると真っ白な湯に変身!
    階段を降りる
     脱衣所から階段を下りると、四角い湯船が1つだけ。男女とも同じ造りだが、女湯の方がいささか狭い。



    男女浴室前

    脱衣所前
    男性の脱衣所こんな感じ













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2399-ed6f4feb

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。