札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     チェックインしたまるほん旅館の湯を堪能した後、夕食前に共同浴場も味わおう。

    新湯の隣が旅館つぼた
    新湯分析表
     泉温95度、蒸発残渣5.286g/kg。含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 (硫化水素型)。

    新湯
     営業時間7時00分~20時30分(冬期間は8時00分~)。350円。
     券売機でチケットを買って、番台の女性スタッフに手渡す。

    男湯
    湯船どーん
    飲める
     熱めでビリビリする。キホン透明なのだけれども、細かな白い湯花が漂う。地元の方々で賑わっていた。


    女湯
    いい感じ













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2400-6d422c56

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。