札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     津軽海峡に面する下風呂温泉(青森県風間浦村)は、どの温泉宿も「硫黄泉」と「海の幸」をアピールする。どこに泊まろうか逡巡した末、まるほん旅館をチョイスした。

    老舗
     「ごめんください」。熟年の女性スタッフが出迎えてくれた。「あらあ~、北海道ですか、これはようごそ。女将さんはね、いま出張で浅虫温泉行ってでね、もうじき戻りますがら」。客室10室のこじんまりした家庭的な風情。なんか落ち着く。



    透明湯が白濁に

    透明な状態の湯船(男湯)
    底の沈殿物をかき混ぜると白濁する(女湯)
     大湯の源泉が注がれている湯は、透明な湯だ。アツアツなので加水した上でざぶり入ると、底に溜まっている沈殿物が舞い上がり、湯を白く染めた。なんてミルキーな色合いなのでしょう。タマゴの匂いがふんわり漂い、舐めると酸っぱさが広がる。
     男女とも家族風呂のような狭さながら、天井が高いので多少は開放感がある。とは言え、他の客と一緒だと照れる距離と感じ、誰もいないタイミングを見計らって、何度も湯浴みした。



    海の幸だらけ

     夕食は津軽海峡の海の幸が満載。肉は一切ないのが清い。
     出張から戻った5代目の女将さんが食事の説明をしてくれた。


    ◆新鮮な食材
    さしみ
    あわび鍋
     中トロっぽいマグロが美味い。ひょっとして大間産だったのでは。
     味噌味の鍋にたまたま手に入ったアワビが投入され、いやはや豪華な宴だ。


    ◆飽きないイカ尽くし
    イカフライ
    イカ焼き
    イカ酢味噌和え
     イカを生かしたメニューが並ぶ。一気出しゆえに「フライ」はアツアツではないものの、ほんのり温い。弁当に添えられる袋入りソースはご愛敬。家庭的な宿なのだ。それよりもリンゴをイカで巻いたフライに感心する。こういう調理方法があるのだな。美味い。
     「陶板焼」と「酢味噌和え」を含め、イカ尽くしでも飽きないメニュー構成と思う。


    ◆煮付、焼物、箸休めが揃う
    カレイ煮付
    ほたて焼き
    ほや
    かずのこ
     カレイの煮付け、ホタテ焼きと続き、ホヤ酢とカズノコマヨネーズ和えが箸休めに良い。


    ◆朝食でイカ塩辛を焼く
    朝飯
     朝食に供された固形鍋は、ホタテ貝殻の上でイカ塩辛と大根おろしを焼いて食べる。これ美味しい。聞けば、郷土料理のみそ貝焼き(みそかやき)をアレンジしたものらしい。イカ刺しもコリコリ。



    北海道の飛び地?

     そう言えば、テレビをつけると、北海道のテレビ局を受信できた。朝食会場で流しているラジオ番組は、STVラジオのものだった。「(昔は)青森のテレビが入らず、北海道のテレビばかり見ていたから、ニュースでよく見る北海道知事の方が(青森の知事より)親近感があった」(女将さん)と冗談めかす。
     隣町の大間町から函館までフェリーで片道90分とあって、函館の病院へ通院する住民も少なくないそう。青森県なのに、まるで北海道の飛び地のような地域だから、北海道民として親近感が湧く。

    朝食会場にて
     とっても感じの良い女将に加え、女性スタッフ複数人が切り盛り。みなさん朴訥な感じで、南部弁がきつ過ぎる方もいたものの、何をしゃべっているのか脳内変換して、会話のキャッチボールがうまくいくと楽しい。
     昭和の匂いがそこかしこに感じられる実家のような風情。女性が仕切る温泉宿だから清潔な上、どことなく優しい空気が流れている。新鮮な海の幸を味わい、白濁した硫黄泉に浸りまくる。9,000円ジャストで、この内容は満足度が高い。



    愛くるしい看板ネコ

    名前は「テン」
     まるほん旅館の看板ネコは「テン」ちゃんという。まあ、かわいい、と腰をかがめて近づくと速攻で逃げていく。「わだすだちにも、なづがねんだ」(女性スタッフ)。いわゆる塩対応なのだが、愛くるしいルックスで憎めない。器量が良くてジンセイ得してるね。

     玄関先で手を振る女将さんに見送られ、「1万円以内で十分楽しめた」と実感。次回は函館からフェリーで訪れるのも面白そうだ。

    招き猫













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2404-30c9bb15

    下風呂温泉・まるほん旅館
    鮫駅から八戸駅へ戻り青い森鉄道に乗車、野辺地からは大湊線で下北駅へ。 さらにバスに揺られること1時間超、下風呂温泉へ到着。 こちらの温泉を選んだ理由・・・ それはいわゆる硫黄泉と海の幸が味わえる全国でも珍しく魅力的な組み合わせの温泉地である為。 下風呂温泉には大湯・新湯・浜湯とざっと3種類の源泉があり こちらのまるほん旅館さんは大湯を引いている。 というのも共同浴場大湯(源泉)は...

    2015.01.25 16:36 | HOT HOT SPRINGS

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。