札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    【土曜7:30】 滝本イン女湯
    女湯
    女湯1
    シャンプー
    ふろ前
     ぐっすり眠って、おはようございます。目覚めのひとっ風呂は、滝本インの浴場で楽しむ。脱衣所の温泉分析書は1号乙泉。男湯の方が少し広いようだ。日帰り入浴は受け付けていないから、穴場なイメージがあってイイ。シャンプー類はイイものを置いている。



    【土曜8:00】 朝食バイキング
    バイキング
     バイキングのメニューは7年前も今回もほぼ同じで、ブレていない。朝食ですから、そんなところでしょう。



    【土曜10:00】 チェックアウト
    玄関
     2015年1月の金曜日、2人で泊まって朝食付1人5,550円だった。休前日はプラス1,000円。アベノミクスの影響からか、登別温泉の宿もずいぶん値上げしてしまい、土曜日に1万円以内で気軽に泊まれるところもめっきり減った。
     登別温泉の最安値と言えば、宿坊観音寺(浄土宗観音山聖光院)が素泊まり3,000円台であるものの、風呂も客室も館内自体もちっちゃいツウ好み過ぎる宿坊なので、個人的には、開放感のあるフツーの宿に泊まりたい。そうなってくると、滝本インのリーズナブルさが登別温泉において綺羅星のように輝く。第一滝本館の大浴場が入り放題という点も大きな魅力だ。ちなみに、客室無料WI‐FIだった。

     滝本インに「連泊」するという手もいずれ試してみよう。今回は登別温泉で「転泊」を試みる。2日目の宿のチェックインまで4時間余をブラブラ歩く。

    地獄谷
     地獄谷を漠然と眺めつつ、中華圏からの観光客の多さを体感。温泉街へ戻り、土産屋を物色する。



    【土曜11:00】 田園でコーヒー
    喫茶
    コーヒー
     お気に入りの田園でコーヒーを飲みたい。11時前から店の前で待っていたら、女性スタッフがやってきた。「どうぞどうぞ」。淹れたてコーヒーの香りを楽しんだ。



    【土曜11:30】 さぎり湯&味の大王
    さぎり湯

    大王
     夢元さぎり湯で「1日ゆったり券」650円を2人分購入。有料休憩室で1日中まったり過ごせるのだ。濃厚な1号乙泉と目の湯を味わい、有料休憩室にうたた寝する。荷物を置いたまま外出しても無問題。味の大王でラーメンを食べ、また戻って来てゴロリ。のんべんだらりしていたら、あっという間に、14時を迎える。今宵の温泉宿へ行こう。



    【土曜14:00】 花鐘亭はなやへ投宿
    はな
    客室
    もてなし
    1号乙泉
     およそ1年振り6回目のお泊まり。リピートする理由は、「すべてが清潔」「夕食と朝食ともに部屋食」「夕食は複数回に分けて温かいものを美味しく提供」「20室ちょっとのこじんまり温泉宿」「女将さんが明るい」・・・かしら。これで13,150円はお得プライスと受け止めている。客室に無料WI-FIが導入されていた。



    【土曜18:30】 客室で夕食
    部屋食
    前菜
    小鉢
    刺身
    鍋物
    蓋物
    焼物
    肉
    食事
    デザート
    ふとん




    【日曜8:00】 客室で朝食
    朝のお茶
    あさめし
     つつがなく、花鐘亭はなやを満喫した。今回も女将さんはいなかった。公務かなにかで忙しいのかな。



    【日曜10:00】 高速バスで札幌へ
    高速さっぽろ号
     真冬の北海道は、悪天候による交通の乱れが怖い。昔はそこまでひどくなかったと思う。温暖化をはじめとする環境変化と、JR北海道の弱体化が要因なのだろうか。この日は札幌圏のJRがたくさん運休しているので、登別温泉10:00発の高速バスで札幌を目指す。片道1,950円。

    樽前岳
    除雪
     白老や苫小牧は日が照っていて、雪もほとんどない。樽前岳もきれいに見える。ところが千歳に差し掛かると、とたんに雪景色となり、吹雪きだした。高速道路を除雪車が闊歩し、乗っているバスは減速運転を余儀なくされた。

    大谷地駅バスターミナル
     札幌市内はずいぶん雪が積もったようだ。札幌駅前まで乗ると、時間がかかりそうと思い、大谷地バスターミナルで下車。通常(大谷地バスターミナルの到着時間)より10分ほどの遅れで済む。

     金曜の夜に旅立った2泊3日登別温泉の旅は、日曜の昼前に札幌へ着き、これにて終了。ビジネスホテル風情の滝本イン(朝食5,550円)と、部屋食の花鐘亭はなや(2食13,150円)というそれぞれ特色の異なる温泉宿を転泊し、温泉街の飲食店や公衆浴場で楽しんだ。そもそも、金曜の夜に旅立って2泊するって新鮮。1度やってしまえば、くせになってしまいそうな予感だ。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2415-2554d80e

    | ホーム |