札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     新潟空港からレンタカーで1時間の距離感と、日本秘湯を守る会加盟宿だったのでチョイスした清廣館。「開業300年余、木造3階建て」「温泉、自然、建築を愉しむ宿」をアピールしているが、1年前を振り返り、こう思う。「偽りはない」って。ゴールデンウィークで13,110円なり。


    国の登録有形文化財

    屋号
    建物
     木造の宿は美しい。北海道ではなかなか味わえない風情にうっとり気分。1928年(昭和3年)に建てられた宿は、ロビーや食事処がモダンにリフォームされ、寝泊まりした客室、共同トイレ、風呂も適度に改修されているものの、至る所に面影を見ることができる。2015年4月、国の登録有形文化財に認められ、名実ともに「シブい木造宿」となった。

    窓




    加温かけ流し

    木の風呂
    タイル風呂
     33度の単純弱放射能温泉は、湯船の底から少量ずつ湧き出しており、加温しながらゆっくりとかけ流しているという。2種類ある内風呂はどちらも家族風呂プラスアルファな湯船で、手狭感はあるものの、全12室のこじんまり宿なのだから、これくらいがよく似合う。澄んだ湯はくせがなくこざっぱりしている上、ぬるめだから身体と湯が合体してとろけてしまいそうな浴感だ。



    ヘルシーで繊細

    よる
    あさ
     夕食は一口分の鴨肉(燻製)以外に肉が見当たらず、ヘルシーで見た目にも繊細な料理だが、ちゃんとお腹一杯になるから大丈夫。朝食も美味い。食事処(テーブル席)で若女将さん自ら配膳してくれ、質問にもにっこり答えてくれた。そうそう、この宿、若女将さんが出迎えから会計まで仕切っている。登録有形文化財の温泉宿に新しい息吹をもたらすエースがいるから、清廣館は安泰だろう。



    和を感じる温泉街

    げた
     宿が佇む五頭(ごず)温泉郷の出湯温泉は、開湯1200年を数える歴史ある温泉地。下駄を履いて温泉街をそぞろ歩くと、こじんまりした宿が散見され、共同浴場は2ヵ所ある。華報寺(けほうじ)共同浴場と出湯温泉共同浴場だ。

     早朝5時半、客室から温泉街を眺めていると、華報寺共同浴場に人が吸い込まれていく。6時のオープンを待てない地元客のようだ。イチバン風呂を狙っていたワタシは慌てて足を運び、200円払ってひとっ風呂浴びる。湯船に湯は半分しか溜まっていない状況だったが、フライングして入浴しているのだから仕方ない。帰り際、番台のシニア女性と四方山話に花を咲かせた。

    華報寺共同湯
    華報寺
     共同浴場を後にすると、「ゴーン、ゴーン」と鐘の音が鳴り出す。目の前の華報寺で、お坊さんが早朝6時の合図を告げる鐘を突いていた。

     木造宿、共同浴場、寺社が居並ぶ温泉街は、ニッポンらしい和の風情を感じる。2014年ゴールデンウィークの3泊4日旅は、レンタカーを傷つけてしまい、修理代36,000円がかかったものの、イイ感じに締めくくることが出来た。

    こちらも有形文化財なのですねー。
    まったく知らない温泉街に宿です。
    共同浴場って本州の文化なのでしょうか?共同浴場があると温泉宿に引きこもりにならずに外に出ますので、周りのお土産屋さんや飲食店が潤っていい感じだと思いました。

    この宿は露天はないようですが、ヌルめのお湯でしたらゆっくりと入れますね!

    金具屋へのコメント、ありがとうございました。ブログに書きわすれてしまいましたが、金具屋では貸切のお風呂に入るのに忙しく、共同浴場へ行くのにも忙しく、朝は朝でまたしても共同浴場の湯巡り、朝市と忙しく、本来の目的の温泉宿でのんびりということがあまりできませんでした。もう少し時間の使い方を上手くしなくては…。

    2015.07.12 13:16 URL | りきりき #- [ 編集 ]

    りきりきさんへ

    どうもどうもです!
    ワタシもぜんぜん知らなかった温泉地&宿でした。
    新潟空港に近い宿を探し、こちらにたどり着いた次第です。
    しかしながら、共同浴場があって、寺社もあって・・・
    北海道じゃ味わえないシブい風情にうっとり気分です(笑顔)
    全国にはいろんな温泉地があって、生きている間にすべてを泊まりつくすのは
    どう考えてもムリですが、少しでも経験したいものですよね~

    金具屋のある渋温泉・・・限られた時間で宿泊、温泉街&共同浴場めぐりは、
    忙しいですね(笑顔) これがまた、楽しかったりするとオモッテマス(笑顔)

    2015.07.13 21:53 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2432-7fb5a7f8

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。