札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    木造
     指宿温泉の鄙びた温泉銭湯。3室だけ湯治部屋もある。
     弱食塩泉でアツアツの湯。GWに訪れたが、カラスの行水で入浴を終えてしまった。

    料金表
    温泉分析書 平成23年12月12日
    ・源泉名 弥次ヶ湯12号
    ・所在地 鹿児島県指宿市十町字六反田1068
    ・ナトリウム-塩化物温泉
    ・無色透明・微塩味・微金気味・微金気臭
    ・ph6.5
    ・蒸発残留物3.522g/kg
    ・溶存物質3.687g/kg
    ・成分総計3.718g/kg

     営業時間7時00分~21時00分、300円。加水のみ。

    どーん
    歴史を感じる


    男湯
    男性1
    男性2
    男性3



    女湯
    女性1
    女性2
    女性3



    2階休憩室
    休憩室






    オトコ3


    男湯
    オトコ
    オトコ1
    オトコ2



    女湯
    オンナ



    あー、なつかしい。なんだか普通の農村の一角にあった記憶があります。

    もう何年も前にここ行きました。10月の一だというのに気温が30度を超えるという暑い日に。コスモスが咲いているというのにw

    鹿児島の温泉はこの手の素朴な湯小屋が素晴らしいですよね。

    2015.12.14 12:09 URL | ごんぞう #mQop/nM. [ 編集 ]

    ごんぞうさんへ

    ご無沙汰しております!
    おっしゃるように、鹿児島の温泉は「湯小屋」という名称が
    ぴったりの素朴な造りが多いですよね。
    北海道にはなかなかないので、湯に浸かりながらニンマリしちゃいます。
    こちらの女将さんとお話しした際、北海道から来たと言えば、
    とても喜んでくれたのが印象に残っています。
    ワタシもごんぞうさんを見習って、もっともっと内地を攻めたいです。

    2015.12.15 08:21 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2454-4f70213f

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。