札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    マンションに1泊

     九州を巡る2015年ゴールデンウィーク温泉旅も4日目に突入すると、旅館料理に飽きてくる。ならば素泊まりの上、外食や自炊すればイイ。
     指宿市観光協会によると、市内の宿泊施設はおよそ50軒(温泉なし含む)。「日本のハワイ」をアピールしており、リゾートホテルや高級旅館が中心なものの、民宿や湯治宿もある。思案の末、「たまには変わったところへ」と思い、ウィークリーマンション海水をチョイスした。

    マンション
     3月中旬の電話予約の際、和室に泊まりたいと伝え、旧館の和室(1人3,500円)に。当日チェックインするため、新館1階の食堂っぽいところへ行くと、シニアな女性が「旧館の和室は空いていません」という。「あれれ、和室で頼んだのですが」「それでは新館の和室が空いてます。新館は4,500円ですが旧館と同じ3,500円でよろしいです」。南国ならではのゆるい空気を感じつつ、まずは結果オーライだ。

     それにしても、ホンモノのマンションだ。単身赴任者や大学生にぴったりな1Kで、海沿いに佇むため窓外に鹿児島湾の海原が広がる。バルコニーに洗濯機を置くって、北海道ではあり得ない。些細なことに文化の違いを感じ、旅情が増していく。



    オーナー宅の浴室棟?

    風呂
     旧館の裏手、オーナーの住宅っぽい敷地内に浴室棟がある。積極的に宣伝しておらず、事前にググって個人の体験談を拝見していなければ、存在を知らなかっただろう。

    浴室ドア 実際に訪れると、やはり看板など案内は一切ないものの、浴室棟っぽい造りなので、分かる人には分かる風情。鳥やシーザーといった置物がそこかしこに飾ってあるB級チックな風情は面白い一方、水が入ったままの桶やシャンプー容器が散乱し、3つある浴槽のうち2つは使用している気配がなく汚れている。好事家でなければ及び腰になるかも知れない。

     からっぽの浴槽に源泉をドバドバ注いで入浴すると、肝心の温泉はしょっぱくて、うがいしたら風邪や歯槽膿漏が治りそうな味わい。15~16時頃に入浴したが、個人的な判断で入浴後は湯を抜き、ホースの水でさっと湯船を洗ってから退室する。普段の温泉宿では、何度となく入浴するのだが、どうにもオーナー宅の浴室を好意で提供してもらっているイメージを持ち、なんとなく気後れして最初で最後の入浴となるのだった。




    泊食分離 指宿の郷土料理を

     マンションの周辺は、砂湯会館やホテルがある指宿温泉の中心地。徒歩15分で指宿駅前まで足を運び、弥次ヶ湯温泉の女将さんオススメのさつま味で夕食をとる。これが大当たりで鹿児島名物を堪能するとともに、地元の常連客と一期一会な会話を楽しんだ。山の中の1軒宿ならば籠るしかないものの、指宿のような市街地に温泉が点在する都市型温泉地は、泊食分離に適しているのかも知れない。

    朝焼け
     海を望むマンションで一夜を過ごす。まるでオーナー宅の浴室で温泉をいただいた気分を味わい、繰り出した指宿の街で郷土料理に舌鼓を打つ。上げ前据え膳の温泉宿に3日連続で泊まった後だから、とても新鮮で楽しかった。

     朝は8時前にチェックアウトし、ガスト指宿店で朝食を食べたが、いま思えば北海道でも味わえるファミレスよりも、ジョイフルという大分県本社のファミレスにすれば、より地元を満喫できただろう。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2459-93b9ce13

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。