札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     鹿児島県指宿市に、市営の砂湯(砂むし温泉)施設が2か所ある。市街地の「砂楽」ではなく、旧山川町にある「砂湯里」へ向かった。市街地から10キロ、車で30分の距離感だ。
     砂湯がメーンであり、砂湯の後に砂と汗を流す温泉浴室あり。

    俯瞰
    温泉分析書 平成19年9月29日
    ・源泉名 伏目児ヶ水69号
    ・源泉地 指宿市山川福元字伏目3339-6
    ・ナトリウム-塩化物温泉 (高張性弱アルカリ性高温泉)
    ・99.9度 pH7.9
    ・無色透明、弱塩味、無臭
    ・蒸発残留物11.52g/kg
    ・溶存物質13.30g/kg
    ・成分総計13.30g/kg

     加水している。

    料金
    ・入浴料+浴衣=820円
    ・貸バスタオル=200円
    ・貸タオル=100円

    営業時間
    ・9:00~17:30 (10月~6月)
    ・9:00~19:00 (7月~9月)
    ・年中無休 (悪天候による臨時休館あり)

    スゴイ人気スポット

     ゴールデンウィークだから混むでしょう。そう思って開店5分前の8時55分に訪れれば、すでに60分待ち。札幌から遠路はるばる来たのだから引き下がるわけにはいかない。整理券をゲットして、番号を呼び出されるまで周辺をうろつく。

    賑わっている
    60分待ち
    整理券
     



    風光明媚なロケーション

    開聞岳
    山川製塩工場跡
     待ち時間を利用し、階段を上って「山川砂むし温泉 砂湯里」を俯瞰する場所までやってきた。お日柄もヨロシイ中、開聞岳(924m)がどーんと見えて、ナイスな風景を堪能したのだった。
     それに加え、山川製塩工場跡地も拝見。温泉熱を活用した「塩」の製造は、1944年~1964年の20年間行われていたそう。もっと手軽に製造できるようになったため、フェードアウトしたという。



    実際の砂湯

    ケータイ、カメラ持ち込みOK
    案内
     整理券番号を呼ばれたら、券売機で券を買い、浴衣やタオルをもらう。脱衣所で浴衣に着替え、ビーチサンダルを履き、座って待っていたら、やがて砂湯まで誘導された。

    砂湯
     さわやかな若い男性スタッフにいろいろ説明を受け、頭にタオルを巻き、浴衣のまま砂の上に寝ころび、ホットな砂をかけてもらう。ああ、この感覚は、子どもの頃の海水浴で似たような経験したなあ。渡したカメラで記念撮影してもらう。

    これも砂湯
     砂湯タイムは10~15分ほど。正直言って、少しぬるめで、ちょっぴり物足りなかったが、そういう際は遠慮なくスタッフに言えば調整してくれるそうだ。


    医学的効用




    砂湯の後

    宴の後
    サンダル
     砂湯が終わった後は、温泉で汗を流す。

    浴室へ
    浴衣 脱ぎ捨てる
    湯
     シャンプーや石鹸は置いておらず、持ち込み&使用も禁止。
     温泉分析書に記されているような濃厚さは感じず、こざっぱりした浴感だった。



    「すめ」とは

    すめとは
    すめ
    すめすめ
     さつまいも100円、タマネギ50円。蒸気でふかした1品。特にタマネギがトロトロ甘いのが印象に残る。

    顔ハメ
     南国&観光気分を大いに味わった。

    こんにちは。
    ここ、大好きです。
    指宿の砂蒸しも良いですが、ここの方が何か落ち着く感じがします。
    5年前に行った際は、待ち時間もなくスムーズに入れましたが、今は凄い混んでいるのですね。

    砂蒸し風呂では自分のカメラを横に置いておくとスタッフの方が写真を撮ってくれるのが嬉しかったです。

    「伏目のすめ」、私も利用しました。料金もリーズナブルで南国の温泉地を訪ねた感じを醸し出してくれますね。

    2016.01.25 09:19 URL | 温泉マン #nlnTgiQk [ 編集 ]

    温泉マンさんへ

    コメントありがとうございます!
    そうですよね、最初は指宿市街地の砂蒸しに挑戦しようと思ってましたが、
    土壇場で山川の方へ。こちらの方がワイルドな風情と思いましたので。
    実際訪れると、確かにそうでした。すめも堪能できましたし(笑顔)
    ワタシも砂湯入浴時の写真、撮ってもらいました~
    呆けた顔で我ながら恥ずかしい感じでした(笑)

    2016.01.26 21:56 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2461-20fb28f2

    | ホーム |