札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     サル年の2016年1月土曜、「スーパー北斗8号」は札幌駅を10時22分に旅立ち、登別駅へ11時32分に着く。わずか70分の乗車時間だ。

    スーパー北斗
    のぼりべつ
     なんということでしょう。登別駅はお客さんで満ち溢れている。12時01分に到着する「すずらん5号」を待っていて、これから札幌へ行くのかしら。

    登別駅
    行列
     登別駅前のタクシー&バス乗り場は、どちらとも行列だったりする。みなさん、登別温泉を目指すのだろう。

     よくよく周囲を見渡すと、中華圏からの観光客が目立つ。日本人を探す方が難しい。大きなキャリーバッグを持ち、ダウンジャケット着用率が高い。

     11時55分に到着する道南バスで登別温泉へ行こうと思ったものの、混み過ぎるバスを避け、タクシーをチョイス。運転手さん曰く「海外からの観光客がここ数年多い」「登別温泉までの路線バスは、満員ならば増便する」とのこと。景気が良くて何より。登別温泉ターミナルまで1,840円だった。

     1つ気になったこと。
     登別駅前の飲食店「鬼福まんぷく亭」は、4年前と比べ、変貌を遂げている。
     2014年1月19日に訪れた際、すでに現在のような様相だった。
     激安メニューは、日曜10~14時に限り、ラーメン200円を提供している。
     今回は外観を眺めただけだった。詳細は、訪れた勇者のみが知り得るだろう。

    まんぷく
    200円













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2469-e1bb8ec2

    | ホーム |