札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     道南の長万部町が好き。観光地のように厚化粧していない、スッピンの街並みにココロが洗われる。「きれいだな」って。
     駅裏に広がる長万部温泉にハマった時期(2005~2008年)に、「丸金旅館」「旅館 章月」「長万部温泉ホテル」「ホテル四国屋」の4軒に泊まったが、すべて1人旅だった。あれから8年が経つ。記憶も薄れがちな2016年2月末、つれと再訪しよう。

    北斗
    看板
    駅
    観光案内所
     ワタシは函館出張の翌日、函館駅10時36分発の北斗5号に乗り、長万部駅11時59分着。待合室で座っていたら、つれは札幌駅10時22分発のスーパー北斗8号で、長万部駅へ12時35分にやってきた。

     長万部駅内に観光案内所が出来ていた。町公式キャラクターの「まんべくん」は、2010年から業者委託によるツイッターでの辛口発言で、ネット上の人気を集めていたが、第2次世界大戦に対する日本の責任を追及したツイートが炎上の末、わずか1年でツイッターは撤退。現在は、まんべくんというゆるキャラだけが残り、長万部町をアピールしている。

    温泉郷案内
    早期開業
     あの頃に比べ、長万部温泉の温泉宿は、福屋旅館が廃業して1軒減の7軒になった。それでも、これだけの温泉宿がしぶとく営業しているから嬉しい。

     「えっ、わざわざ長万部温泉に泊まるために、来訪されたんですか?」。観光案内所のスタッフと話をしていたら、こんなふうに尋ねられた。どうにも長万部は「素通りされる街」らしく、長万部温泉も仕事関係者かスポーツ団体といった商人宿の様相が強いらしい。「ええ、色艶が良く加工されていない食塩泉と、海の幸三昧の夕食を味わいに来ました」と答えた。
     地元では「フツー」と受け止められていることが、ヨソからは「スゴイ」と思われる。そういう着眼点を忘れずに旅したい。

     まずは昼食。そしてコーヒータイムの上で、今宵の温泉宿へチェックインする。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2483-8bd776aa

    | ホーム |