札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    資料館
     苫小牧市は、ほっき貝の水揚げ量が日本ナンバーワンだ。おらが街の特産品をアピールするため、NPO法人ゆうべあまちづくりネットワークは、2006年から「ほっき貝資料館」を運営している。場所は海の駅「ぷらっとみなと市場」の隣接地。
     開園時間10~15時(水曜・正月休み)。入場無料。

    出入り口
     資料館って言うと、堅苦しいイメージがあるものの、こちらは全体的にユーモアあふれる脱力系な感じだった。学芸員が常駐しているわけではなく、無人の資料館に勝手に入って見学する。

    資料館内
    館内
     さほど広くないワンフロアに展示物が集約されている。


    ほっき音頭
    踊り狂う
     手作り人形のテンションが高すぎる。



    ジグソーパズル
    パズル
     粉々のほっき貝を復元する罰ゲームの様相。



    ルーレット
    ルーレット
     ほっきと特に関係のない企画っぽい。



    貝合わせ
    貝合わせ
     対のほっき貝を探し当てるゲーム。時間がかかりそう。



    ぷらっとみなと市場
     他にもたくさんの展示物があり、いずれも興味深い。ぜひ足を運んで体感してほしい。
     ワタシたち以外に見学者はなく、貸し切り状態で楽しんだ。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2493-22d3b948

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。