札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     苫小牧市でランチレジャーした後、白老町虎杖浜の「湯元ほくよう」へチェックイン。
     6年ぶりに訪れると、若干変化していた。

    ほくよう
    ・日帰り客の専用玄関がなくなった
    ・おでん販売はやめたっぽい
    ・宿泊料金アップ(1泊朝食付5,330円)
    ・真夜中の大浴場入浴NGに。政府の電力15%削減対策が理由(23~5時まで)

     日帰り客がひけた丑三つ時に、貸し切り状態で入浴するのが好きだった。
     おでんも美味かった。あの頃が懐かしい。
     


    A棟162号室
    客室
    冷蔵庫トイレ
     角部屋だった。12畳+縁側。トイレ、冷蔵庫、テレビ、電気ポット、お茶セットあり。



    男女別露天風呂
    男性露天
    夜の露天
     露天風呂は22時で終了(大浴場より1時間早い)。


    女性大浴場
    女性
    女性露天
     男性大浴場とまったく違う造り。小さな露天風呂も併設しているそうだ。




    夕食は「北のランプ亭」

     夕食は徒歩5分圏内の北のランプ亭へ。炭火で肉や魚を焼いて食すBBQな店だ。
     事前に予約したところ、小上がり3席の真ん中席に通され、左右はグループ客でにぎやか。
     広い店内の他のテーブル席はがらがら空いていたのだから、もう少し気を利かせてほしいと感じつつ、そこは白老だから仕方がない。
     単品メニュー7品+生ビール3杯+グラスワイン2杯=7,454円なり。
     無料の温泉風呂は閉鎖していた。「浜風で傷んで、修理が出来ない状態なんです」(スタッフ)。


    生ビール540円
    ビール


    なまら野菜サラダ650円
    サラダ


    生ラムロース焼700円
    ジンギスカン


    和牛切り落とし焼880円
    和牛切り落とし焼


    かに味噌焼680円
    カニ味噌焼き


    活きんき刺し980円
    きんき刺し


    厚切りベーコン焼650円
    ベーコン


    おにぎり2種430円
    おにぎり


    カニ太郎
     帰り道。闇夜に浮かぶ「かに太郎」のシルエットが美しい。

     夫唱婦随で長年経営していたが、ゴールデンウィーク以降、旦那さん1人で切り盛り。
     6月4日現在、女将さんは自宅で静養しており、職場復帰を目指す。



    朝食
    朝食
     バイキング。品そろえは6年前とほぼ変わらず。


    館内図
    サナトリウム
     湯元ほくようの客室数は47室という。自然豊かで広大な敷地に平屋建ての客室棟が伸びており、ハードの古さも相まってか、なんとなくサナトリウム(療養所)の印象を抱く。温泉に浸かって、美味いもの食べて、英気を養えば、「風立ちぬ いざ生きめやも」な気分になれるだろう。


    コーヒー
    地元紙
     チェックアウト後は、はしもと珈琲館でコーヒーを飲み、地元紙に目を落とす。こんな感じで1泊2日を楽しんだ。

    いっち様
    今回取り上げてくださったホテルほくよう。10年くらい前、出張でよく泊まっておりました。懐かしいですね。なにより圧倒的に湯量が豊富でリーズナブル。朝食に麦ごはんが出ていたのを思い出しました。おでんが無くなったのは寂しいですね。売り場が屋台みたいなかんじで昭和の香りが強烈に匂い立っていました。パークゴルフ場も併設されており、お年寄りの団体で賑わっていましたね。ただ、深夜に国道37号を疾走するトラックの走行音がうるさかったです。エアコンがないので夏は窓を開けるしかなく、騒音が気になって寝付けなかったことも。近くの民宿500マイルの波の音も凄かったことも思い出しました。虎杖浜温泉って通好みで長万部温泉と似ているなと思った次第です。

    2016.06.13 00:26 URL | がーこ #- [ 編集 ]

    がーこさんへ

    こんばんはです。ホテルほくよう、ビジネス利用されてましたか!!!
    朝食に「麦ごはん」、今もありましたよ(笑顔)
    ワタシは「温泉がゆ」をチョイスしました。
    屋台みたいな売り場は、そのまま残ってましたが、おでんは売ってませんでした。
    寂しいですね。昭和の風情が消えてしまうことは・・・

    ワタシが泊まった日は土曜日で、旅行代理店のツアーで泊まっている団体もちらほら見かけました。
    客室は山側だったため、JRを走る貨物列車が真夜中に「ごとんごとん」と複数回聞こえました。
    真夏に窓全開すると、気になるかもしれませんが、列車の音は個人的には哀愁があって大歓迎です(笑顔)
    500マイルの波の音も好きです~
    でも、トラックの音はちょっとアレですね!

    おっしゃるように虎杖浜温泉も長万部温泉も、お湯が良いものの、ハードはくたびれている感じです。
    それが穴場感を醸し出す要因でもあり、実に興味深い温泉地とオモッテマス(笑顔)

    2016.06.13 21:08 URL | いっち #- [ 編集 ]

    先日宿泊した鹿の湯にある鳥居が気になって検索したら此のブログに辿り着きました。いやぁ楽しいブログですね。近隣の温泉ブログを書いくれているので色々見させて貰っています。

    此のページに載っていたランプ亭のご飯美味しそうでした。虎杖浜温泉に泊まるなら、いっそ夕食は抜きにしてランプ亭ありだなって思いました。ほくようは日帰りでしか行った事がありませんが天丼がものすごく美味しいんですよね。

    2016.09.02 22:31 URL | とまチョップ #Z2PsPELM [ 編集 ]

    とまチョップさんへ

    鹿の湯の鳥居がご縁でご訪問いただき、
    ありがとうございます。
    お名前から察するに白老界隈にお詳しいようですね(笑顔)
    ほくよう、天丼ですか!
    天丼といえば500マイル横の三春が著名ですが、
    ほくようが穴場ですね!

    ワタシは過去にオーシャンとほくように泊まって、
    夕食をランプ亭にした経験ありです。
    白老はホント楽しいですね。
    またいろいろ教えてくださいませ(笑顔)

    2016.09.04 09:07 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2494-d4e3bc80

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。