札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     塩ヶ原温泉「掛合まめなかセンター」で日帰り入浴後、国道54号を南下し、県道40号を進む。時刻は13時00分を過ぎ、めちゃくちゃランチしたいのだが、田舎道で飲食店がとんと見当たらない。腹が減っては戦が出来ないので、地元自治体パンフレット情報から、レストラン併設の波多温泉「満壽の湯」へ寄るものの、改装中でNGだった。

    うぐいす茶屋
     風呂よりもメシ、と、車を走り進めた結果、「うぐいす茶屋」という食事処を発見。
     13時30分だったので、迷わず吸い込まれた。
     店内は賑わう。豆腐とかいろいろ売っていた。


    割子そば750円
    割子そば750円
     そばは定番の3枚重ね。うーん。やっぱり汁が甘い。店側は「甘辛い」とアピールする。
     ワタシの舌が甘さに異様に反応しているのかしら。前日の出雲空港内の蕎麦屋も甘い汁だった。


    かまあげ720円
    かまあげ720円
     釜揚げうどんのそばバージョン。茹でたそばを水洗いしないで、そば湯に泳ぐそばを提供する1品。少々つゆは入っているようで、啜るとあっさりして美味い。別に供されたつゆを足したら、とたんに甘くなって・・・

     両方に供された「おからサラダ」が、とてつもなく美味かった。これだけは強調したい。


    メニュー特別メニュー












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2502-2655fcb5

    | ホーム |