札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     島根県の三瓶山山麓をレンタカーで走る。それにしてもコンビニが見当たらない。三瓶温泉に寄ったら、「おみやげ品センター」と銘打った大谷商店(営業時間8~20時・無休)を発見。入店すると街の酒屋な品揃えで、シニアな女性が接客してくれた。
     「この辺りは雪が降るんですか」と聞けば、今は降ってもあんまり積もらないが、「子供の頃は雪が積もり過ぎて、家の2階から出入りしていた」という。ちなみに、三瓶名産の「わさび漬」(三杯漬、粕漬)がおススメ商品だ。

     三瓶温泉には、温泉宿3軒と「鶴の湯」「亀の湯」と呼ばれる共同浴場がある。大谷商店のほか、食堂や居酒屋を発見したが、全体的に斜陽な空気が流れる。そのままスルーするつもりだったが、温泉街から外れた「湯元旅館」の看板をみて、興味がそそられた。下調べしていない。それ突撃だ。

    魅力的な看板
    一本道
    あかちゃいろ
     温泉分析書 (平成15年6月19日)
    ・源泉名 「三瓶温泉」
    ・ナトリューム-塩化物泉 (低張性弱酸性温泉)
    ・37.5度
    ・溶存物質2.15g/kg
    ・成分総計2.44g/kg

     加温のみ。日帰り入浴料500円。10~16時終了。要予約。

    湯元旅館
    カフェ
     細い砂利道を上った先に、味もそっけもない建物が見えた。ただし、そば屋とカフェの営業をアピールしている看板から「女子力」を感じるのはワタシだけか。

    フロント周り
     玄関に入り、「ごめんください」と声を上げると、大女将さんらしき人が出てきて「さっき電話くれた方?」と尋ねられた。聞けば、日帰り入浴は電話予約で受け付けており、飛び込みはNGという。あら残念、と帰ろうとしたら、予約客があと15分くらいで来る予定なので、それまでだったら入浴OKというありがたいお言葉をいただいた。ラッキー。

    カフェ内部
    メニューです
     そば屋&カフェスペース。改修してこぎれい。
     エステもやってるっぽい。

    エステ




    風呂
    浴室前男子 脱衣所
     2つある浴室をまるまる貸し切るシステム。脱衣所を経由して行き来できる。


    大きい浴室
    濁り湯
     オレンジ色の湯が太陽の光をはじく。
     滝のように湯が注がれ、大きな音が浴室いっぱいに広がった。
     加温しているというが、ヌルイ。盛夏ならば爽快だろう。塩や炭酸がまじりあった味がする。

    ドア方面



    小さい浴室
    小さい浴室


     慌ただしい入浴を終えた帰り際、若女将さんと思われる方が見送ってくれた。おそらく、この方のセンスで、そば屋、カフェ、エステの企画が展開されているのだろう。ならば、湯元旅館は安泰だ。暑い夏に泊まりで訪れたい気分が高まる。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2503-66e1a960

    | ホーム |