札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    浴室前
    温泉分析書 (平成21年2月19日)
    ・源泉名 小屋原温泉
    ・湧出地 島根県大田市三瓶町小屋原字湯元1014-2
    ・ナトリウム-塩化物泉 (低張性中性温泉)
    ・泉温37.8度
    ・毎分30.8リットル (自噴)
    ・無色 透明 弱炭酸味・金気臭・微硫化水素臭
    ・ph6.0
    ・蒸発残留物6.50g/kg
    ・溶存物質6.59g/kg
    ・成分総計7.35g/kg

     源泉そのままを注ぐのでヌルイ。ニガしょっぱい味わいだ。
     遊離二酸化炭素は759mg/kgなので、肌への泡付きがスゴイ一方、換気の必要性をアピールしている。

    お願い
     家族風呂3つをそれぞれ貸し切って入浴。
     宿泊客優先のため、日帰り入浴(受付は昼間帯のみ)できるかどうかは神頼みだ。
     実際、15時チェックイン以降、日帰り客は「けんもほろろ」だった。
     500円(入浴時間1時間以内、浴室の移動禁止)。
     22時30分~6時30分まで入浴NG。

    手前
    手前 浴室
    手前 浴室1
    手前 脱衣所




    真ん中
    真ん中 浴室
    真ん中 浴室1
    真ん中の天井
    真ん中 脱衣所





    奥 浴室
    奥 浴室1
    奥 脱衣所













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2505-55223a79

    | ホーム |