札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     温泉宿に興味を持ち始め、全国ガイドブックを読み漁ったあの頃、どうしても気になる温泉宿があった。その1つが熊谷旅館(島根県大田市三瓶町)である。山中の川沿いに佇み、200年前から熊谷家で代々経営している、客室5室のこじんまり宿だ。



    ヌル湯&アワアワ

    手前
    真ん中
    奥
     木造の湯小屋に、貸し切り風呂が3つ並ぶ。ナトリウム-塩化物泉で38度の湯が注がれる小さな湯船に身を沈めれば、あっという間にアワだらけになった。ヌル湯ゆえ、ついつい長湯になる。じっくり湯を味わっていたら、首筋や額からじわり汗が流れてきた。ニガしょっぱい味わいと床に表現される析出物を眺めれば、これはホンモノの温泉だとウットリ気分になる。

    あわあわ
     明るい若女将が仕切り、シンプルな館内は掃除が行き届いている。手作りの夕食朝食を味わい、これで2食付9,330円は近隣に在住していれば、定宿間違いなしのクオリティー。勝手に秘境の宿をイメージしていたが、想像以上に快適な宿だった。

     ちなみに、こちらの宿は電話でしか予約を受け付けていない。2016年2月上旬時点で電話すれば「(宿泊日となる5月の)2カ月前からしか受け付けていません」とけんもほろろ。この電話対応は若女将さんではなく、違う女性スタッフのようだ。詳細は泊まれば分かるはず。



    「酷道」に注意
    かんばん

     札幌から島根のこの宿までってエライ遠いものの、飛行機を乗り継いだ末、出雲空港からレンタカーで90分の距離。1泊2日でも宿泊可能な立地だ。グーグルマップでは、空港から宿までレンタカーで至る3ルートを示すが、一番距離が短い(58.9km)という「上から攻める」ルートは道路状況が酷すぎると聞く(宿近くの県道286号の出入り口に、「これより2.9kmの間、積雪時通行不能です」の看板あり)だけに、そんな道を通らないよう事前チェックをおススメする。

    さぶ(15歳)


    いっちさん、またまたご無沙汰でした。
    いっちさんの記事を参考に先月別府へ行ってきました。いちのいで会館は灼熱で入るのが大変でした。
    小屋原温泉! 一昨年春、出張ついでに立ち寄り運よく入浴できましたが、お泊りになったんですね。すばらしい。
    当時のFacebookを見ると、ぬるくて苦い、と書いてありました。夏向きですかね。
    ブログはまたほったらかしで記憶が薄れてきました(笑)。

    2016.09.18 00:30 URL | よしい #GCA3nAmE [ 編集 ]

    よしいさんへ

    こちらこそ、ご無沙汰しております!
    よしいさんの山陰旅に触発され、2016年ゴールデンウィークを
    山陰にした次第です(笑顔) 松江では同じビジホをチョイスさせていただきました~
    小屋原温泉のぬる湯は、何度でも入りたくなるので、宿泊向きと感じました!
    お写真だけでも構いませんので、ブログでご報告があれば、
    嬉しいです(笑顔)

    2016.09.20 19:32 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2508-e47b1eb1

    | ホーム |