札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     2016年ゴールデンウィークに、島根県雲南市の出雲湯村温泉「湯乃上館」へ泊まりたい。「1日2組限定」「囲炉裏での夕食は1組のみ」とハードルが高いため、2月上旬に予約電話すると、第1希望の4月30日は「あっ、満室ですね」とご主人。翌5月1日に切り替え、囲炉裏での夕食を押さえた。



    築140年の田舎屋敷へ
    行燈
     出雲湯村温泉の歴史は古い。約1300年前に書かれた出雲國風土記(733年)に存在が記載されており、大正時代までは宿が林立していたものの、現在は「湯乃上館」と「オーベルジュ雲南」に加え、川向こうに「国民宿舎清嵐荘」があるだけ。

     家屋が並ぶ路地の奥に、湯乃上館が見えた。石垣に囲まれた木造2階建ての佇まい。1873年(明治6年)に建てられたというから、実に築143年となる。宿は「田舎屋敷」とアピールするが、まさにそう。トイレ回りなどリフォームされており、清潔この上ない。

    路地裏に宿
    いい風情
     2階の客室スペースには複数の部屋があるものの、使用しているのは両端の2室のみ。他客の部屋と離れており、話し声などあまり気にする必要はなく、プライベート感がある。通された客室は角部屋で風格を感じる造り。窓が開け放たれ、縁側の椅子に座ると、5月の日差しとそよ風が心地良い。



    公衆浴場を貸し切りで
    公衆浴場
    女性
     宿に風呂はないため、宿が経営する目の前の公衆浴場「元湯 漆仁湯」を利用することになる。2001年(平成13年)にリニューアルしたようで、こぎれいながら、木のぬくもりを感じる浴舎だ。シャワーやカランは一切ない代わりに、約100メートル先の源泉から引っ張った湯を溜め枡に注いでおり、桶ですくって身を清める。昔ながらの風情にこだわった設計と感じた。
     

    おけ
     営業は21時30分で終了する。宿泊客はもう入浴できないと思っていたら、ご主人からスペアキーを預かり、「お好きにどうぞ」。公衆浴場を貸し切れるなんて、これを贅沢と言わずしてなんと言おうか。真夜中と早朝に湯浴びする。透き通ったアルカリ性単純温泉がどばどば注がれ、俗世の垢にまみれてしまった身体が清められていく。



    囲炉裏でご主人と
    囲炉裏
     6畳間の個室に囲炉裏が鎮座する。夕食時にご主人手製の品々を女将さんが1~2品ずつ持ってくる。入れ替わりにご主人がやって来て、囲炉裏でノドグロや手羽先を焼いてくれながら、ぽつぽつと世間話を重ねていく。
     宿の14代目という生真面目そうなご主人から、源泉を守り続けていく意気込みを大いに感じるとともに、宿の主と話し込むケースって、ありそうであんまりないと気づく。たまたま偶然というわけではなく、これがこの宿のもてなしなのだ。
     朝食は泊まった客室の隣の客室スペースで。ボリューム控えめで美味い。

    野湯
     築140年で風情あふれる1日2組限定の湯乃上館では、公衆浴場を早朝夜間に貸し切り、囲炉裏を囲む夕食時にご主人と世間話に花を咲かせた。川沿いの野天風呂(しかも足元自噴)も楽しめちゃうし、路地に地元住民専用の簡素な共同浴場(ジモ泉)があったりして、好事家のココロをくすぐるロケーションだ。
     ゴールデンウィークに2人で1泊して計30,832円だから、1人15,416円。これはまた泊まりに行かずにいられない。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2517-b318a065

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。