札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     島根県大田(おおだ)市の温泉津(ゆのつ)温泉は、1300年前からこんこんと湧き出る含土類食塩泉の「温泉」と、船着き場を意味する「津」を組み合わせた地名。そう、温泉街は温泉津湾の目と鼻の先であり、石見銀山で採掘された銀を国内外へ運び出す積出港として栄えた歴史がある。温泉街を含めて2007年にユネスコ世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の登録を受けている。

    温泉津湾
     それより前の2004年、温泉街は国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた。木造建築の修理にかかる補助金に加え、相続税と固定資産税に優遇策が講じられるだけに、歴史が醸し出す温泉街の空気感が維持されるよう期待したい。

    渋い
    薬師湯
     現地でゲットした温泉津温泉旅館組合リーフレットによると、加盟宿は「ますや」「のがわや」「輝雲荘」「後楽」「なかのや」「廣島屋」「山県屋」「もりもと旅館」「高見屋」「清水大師」の10軒。「さわのや旅館」と「あさぎ屋」はボールペンでバツ印がついているから、廃業したのだろう。客室数が一番多くても14室(輝雲荘)だから、いずれもこじんまり宿だ。細い路地に温泉宿、商店、住居が密集する温泉津温泉の特色が見て取れよう。
     これ以外にも宿坊という名の宿泊施設(温泉浴室はないらしい)が散見されるようだ。宿で温泉に入れなくても、温泉街に公衆浴場が2軒(元湯、薬師湯)がある。

    龍御前神社
     温泉街にある「龍御前(たつのごぜん)神社」では、伝統芸能「石見神楽」を定期的に開催している。渋い街並みと濃厚な湯にあふれる文化的な温泉街に期待が高まってきた。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2526-bf59c8c6

    | ホーム |