札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     すっかり日が落ちた広島市の繁華街を歩く。地元名物の「お好み焼き」と「ウニホーレン」と「牡蠣」を食せる居酒屋みたいなところを探し回り、それっぽい店に突撃するも、どこもかしこも満員御礼。ゴールデンウィークで大いに賑わう。

    繁華街
    店構え
     1時間以上も見知らぬ街をさまよい続け、いささか疲れてきた頃、ピンとくる店を発見。のれんをくぐれば、カウンターの端っこが2人分空いていた。ラッキー。「鉄板焼き 熊屋」へ突入する。おしゃれな店内だ。


    生ビール、赤ワイン各500円
    乾杯
    おすすめ
     カウンターの目の前に鉄板があり、シェフの手際の良い調理を眺めながら注文した品を待つ。



    牡蠣のネギまみれポン酢
    牡蠣のネギまみれポン酢
    牡蠣
     粒が大きく、プリプリした食感だ。



    大粒!牡蠣の鉄板焼き
    大粒!牡蠣の鉄板焼き
     焼いた牡蠣は香ばしく、ビールが進む。




    ウニホーレン 熊屋流1,800円
    うにほーれん
    うまし
     広島と言えば、ウニホーレン。一般的には、ソテーしたほうれん草の上にウニを乗せる。
     しかし、こちらのお店は、ウニ1折とほうれん草を濃厚なソースで絡めたオリジナル品を提供していた。美味い。
     


    お好み焼き750円
    広島焼き
     人口117万人の広島市内に、お好み焼き屋は900軒あると聞く。
     広島のお好み焼きは「乗せ焼き」と言われ、生地の上にキャベツや焼きそばなどの具材を重ねながら焼く。関西のお好み焼きは「混ぜ焼き」の名の通り、生地と具材を最初から混ぜた上で焼く。
     そう言えば、大阪に住む方から「広島のは、あれはお好み焼きではなく広島焼き」と聞いたことがある。お好み焼き1つとっても、いろいろ文化やこだわりがあることを知った。

     2人で飲み食いして7,938円だった。ごちそうさま。




    札幌へ帰る

     翌朝7時30分前にチェックアウトし、歩いて広島駅へ。今日は広島空港から新千歳空港まで飛ぶ。そう、5泊6日の島根・広島旅が終わるのだ。
     新幹線名店街「Books&Cafe J-CAFE」で、モーニングセット(エッグサンドウィッチ)691円を食べる。

    モーニングセット
    リムジンバス
     広島駅新幹線口から空港リムジンバスを利用する。高速道路経由で標準所要時間「約45分」とされ、8時45分に発車した。だから9時30分に着き、空港内でゆっくり買い物しつつ、10時45分のJAL機で新千歳空港まで帰る段取りだった。

     ところが、高速道路「山陽自動車道」の志和IC-西条IC間が4キロの渋滞のため、なかなか前に進まない。9時30分が過ぎたにも関わらず、高速道路内に閉じ込められたままだ。飛行機に乗り遅れたらどうしようとハラハラしたが、30分遅れの10時過ぎに空港へ着く。あまりお土産は物色できなかったが、予定通り機上の人となれた。

     念願かなって島根の温泉を巡るとともに、広島の文化にも触れた、2016年ゴールデンウィークだった。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2531-4252a6f4

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。