札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    湯口
    温泉分析書 平成27年11月30日
    ・申請者 下風呂財産区管理者
    ・源泉名 混合泉(新湯1号泉、新湯2号泉、新湯3号泉、新湯4号泉)
    ・源泉所在地 青森県風間浦村大字下風呂字湯ノ上1番地
    ・78.8度(毎分14リットル・自然湧出)
    ・pH7.40
    ・知覚的試験
      採取地→無色透明・硫化水素臭 塩味 収斂味
      試験室→微弱黄色澄明・硫化水素臭 塩味 収斂味
    ・蒸発残留物5.081g/kg
    ・溶存物質 5.280g/kg
    ・成分総計 5.331g/kg
    ・含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)

     宿泊者は夜通し入浴できる。
     下風呂温泉の宿や公衆浴場で「手形」800円を買えば、日帰り入浴が可能らしい。

    男性浴室
    風呂2
    風呂3
    風呂1
     ひのき風呂に乳白色の湯が満ちている。ふんわり玉子の匂いがする。

    脱衣所
    風呂前













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/2551-f9d6ca71

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。