札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     金曜朝に電話予約。「2食付ですか」と訊ねられ、そうです、と答えると、2食付料金を3つ提示(1番高くて8,000円台後半だったと記憶)したので、1番安い7,290円をチョイス。

     宿外の看板には「癒しのご宿泊4,140円~」「ライダー簡易宿泊1,500円」と明記。夕食時は私を含め3組しかいなかったものの、朝食時は7組おり、この宿は朝食のみとか素泊まりとか、いろいろ選べるようです。
    早朝の白老温泉ホテル。料金を記した看板がみえる
     夕食を食べて個人的に思ったのですが、もし次この宿に泊まる機会があれば、朝食のみにして、夕食は外食or弁当持ち込みにしようかな、と。白老駅から歩いてくる途中、ラーメン屋、弁当屋、スーパーに加え、宿向かいにセイコーマート(夜中は閉まっている)もありますし。

     この思い、定山渓・ホテル渓谷荘でも感じました。ああ、それに過去に泊まった数件の白老町(虎杖浜温泉)の温泉宿でも、民宿500マイルや民宿かもめを除けば、同じことを考えましたね。

     宿泊料をアップすれば、どうなるのかな。それに別注文で白老牛とか出すそうですが、その辺りの食事事情、スタッフにもっと詳しく聞けば良かった・・・後の祭り。

    スパウォーター500ml・150円スパウォーター製造工場
     この宿、コーラ色の温泉水をろ過して「スパウォーター」という水を販売しています。宿内の自販機で買いましたが、宿ホームページで通販もやっているそう。宿裏手に製造工場も。

     ところで風呂ですが、日帰り客人気は認知してましたが、宿泊客も23時終了と聞き、なぜですか、とフロントで聞けば、「掃除するから」とのこと。薬剤を使用して洗うので、「浴室内に入ればやけどしますよ」と釘を刺します。ただし、すべての浴槽を毎日するわけではないそう。しかし、掃除していないとしても、男女大浴場は照明をすべて落すので「真っ暗で入れない」と言います。

    早朝の湯はあわあわ
     では、家族風呂は夜中入浴OKか、と訪ねると「朝早く出発する方がどうしても入浴したい場合・・・ごにょごにょ」と。その後、夜中入浴の是非についてさらに話を進めると、「お客さん、その辺については、掃除スタッフに任せてあるので、後は彼らに入れる浴槽があるか直接聞いてください」。ああそうか、と分かったような気になりました。

     早朝5時に浴場へ足を運ぶと、スタッフはおらず静か。男性浴場は真っ暗。湯はこんこんと注がれている音を聞きましたが、脱衣所に電気スイッチがないのです。目をこらすと浴室の桶は散乱し、脱衣所の足拭きマットはぐしゃぐしゃのまま。どうも、私が泊まった日、男性風呂は掃除されていない模様です。しかし、日の出前で本当に真っ暗なので、勝手に入浴して事故でも起こしたら、これは自己責任以外の何物でもないと私感。

     で、家族風呂をのぞくと湯船に湯が注がれ、脱衣所に電気スイッチがあるので、のんびり入浴しました。掃除中or掃除直後ならば、もちろん入れませんが。

     6時25分、外が明るくなったため男性浴場でくつろいでいると、宿スタッフがやって来て「おはようございます」。湯の温度を測り、桶を整頓し足拭きマットを交換。続けて、地元らしき日帰り客が3人やってきました。日帰りは確か7時30分~のはずですが。常連さんの特権でしょうか。

    コタンの湯ありがたい感じ
     宿裏手のスパウォーター製造工場そばに、湯が湧き出ていました。

     あと印象に残ったことは、部屋の壁が薄い点。左の部屋から女性が「どうもお世話になりました、ありがとうございます」と電話する声がくっきり聞こえたほか、右の部屋からは客室トイレのトイレットペーパーを巻く「からから」という音&水を流す大音量も。ただ、私はテレビを消していたので、ここまで明瞭に聞こえたのかも。あと、隣室がどたどた歩けば、私の部屋も少しゆれます。

     宿玄関を上がると、ノースリッパです。素足で廊下を歩き、共同トイレと食堂のみ、スリッパが用意されていました。

     ここは札幌から近いし、ポロト湖やアイヌの観光処も徒歩圏内にあるので、ふいに「1人」で温泉宿に泊まりたくなった際、また来るかも知れない、朝食のみで、と感じました。
     
    特急すずらん3号は札幌⇔室蘭
     白老駅8時53分発の電車で、札幌に帰りました。きょうも仕事が待っています。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/485-97f0acf8

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。