札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     11月末、札幌駅北口界隈(北大付近)の古書専門店へ立ち寄り、店員に「温泉関係の古い本はないか」と何気なく聞いたところ、「あれならあるかな」と、倉庫から探し出してもらった1冊。

    表紙。横書きのタイトルは右から読む
     手にとってぱらぱらページをめくりつつ、値段を訊ねると「6,500円です」。もし、ぐずぐずして保留すると、数日後にやっぱり買いたくて訪れた際、売り切れも十分あり得るだけに、思い切ってすぐに購入しました。変形B5判、114ページ。

    中身
     北海道景勝地協会が昭和12年(1937年)発刊。道内の温泉地98ヵ所を紹介しています。支庁単位で各温泉地の「温泉概要」「付近の景勝」「利用状況」「交通」「温泉の沿革」「旅館」「名産・土産物」を短い文章で明記(小さな温泉地は触れていない項目あり)。
     定山渓、登別、洞爺湖、芽登、野中、養老牛・・・ 現存する温泉地が多数。

     気になったのが、根室管内の「セセキ温泉」。これって、羅臼町の海辺にある野湯ではなく、択捉島の温泉でした。国有林内に温泉旅館が1軒あり、摂氏45度のアルカリ泉、宿泊料は1泊1~2.5円。
     羅臼町の「瀬石温泉」は、これとは別に紹介されており、夏場のみの旅館が1軒ある(当時)と記述されています。

     択捉島4ヵ所、国後島2ヵ所の温泉地が記されており、ここは日本の領土だったのだ、と改めて実感。いま、これら温泉地はどうなっているのか、想像を働かせてみましたが、どうも光景が思い浮かびません。

    貴重な本ですね~
    北方領土の温泉まで載っているとは驚きです

    2006.12.16 16:50 URL | じゅん☆ #Tzzz29jM [ 編集 ]

    択捉、国後の温泉地も載っていたので、びっくりしました。高いお金(6,500円)を出して買ったかいがありました(笑顔) いまも温泉としてロシア人に活用されているのかどうか、気になるところです。

    2006.12.17 17:43 URL | いっち #- [ 編集 ]

    初めまして。
    もしよろしければ国後島の温泉地と効能を詳しくお教え願えませんでしょうか。

    2008.03.07 16:20 URL | 名無し #- [ 編集 ]

    名前不詳さん、はじめまして。

    国後島に興味があるのですか? なぜ知りたいと思われたのですか?

    まず、そこから知りたいです(笑顔)

    2008.03.07 20:22 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは。名前も書かず失礼しました。
    私は道東に住んでおりまして、北方領土には非常に関心を持っています。
    死ぬまでに一度でいいから爺爺岳に登ってみたいと思っているのですが、温泉も好きなので知識として知っておきたいのです。
    ご面倒だとは思いますが、よろしければお教え下さい。

    2008.03.07 21:33 URL | ぽんた #- [ 編集 ]

    ぽんたさん、改めて初めまして。了解しました。

    北海道温泉地案内(昭和12年発刊)によると、国後島には西海岸の古丹消地区に温泉が2ヵ所あり、いずれも明治時代に湯が発見されたそうです。

    ◆古丹消温泉◆

    苦味泉・54度。神経衰弱、ヒステリー、消化器病、慢性婦人生殖器病などに効果。旅館1軒のほか、海岸に砂風呂あり。後方の櫻山にスキー場。

    ◆中の湯温泉◆

    硫黄泉・60度。皮膚疾患や婦人病。旅館1軒。

    以上です。なお、これら温泉が現存するかどうかは分からないです。70年前の資料ですので。

    一方、漫画実話ナックルズ2007年2月号の国後島への旅のルポ記事では、島内に温泉は14ヵ所と書いてありましたが、詳細な記述はなかったと記憶しています(この雑誌はもう手元にないです、笑)。

    ロシア経由で国後島に渡るのは遠いですね。羅臼町から島を眺めたことがありますが、近くて遠い島・・・。爺爺岳(ちゃちゃだけ)登頂の夢が叶うことを祈念します。

    2008.03.07 22:27 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは。
    ご丁寧にありがとうございました。
    そうですか、西海岸の方なんですね。
    戦前は古釜布や泊に集落があると聞いていたのでその辺なのかと思っていました。
    旅館まであったとは驚きです。
    ちゃんと道路が通じていたということですね。
    近くて遠い島、生きている間に返還されることを願うばかりです。
    本当にありがとうございました。

    2008.03.08 13:56 URL | ぽんた #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/506-ab552933

    | ホーム |