札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    看板玄関回り
     カルルス温泉へ行く途中、登別市が開発した温泉付分譲地に佇む宿。主は30年くらい前に新登別温泉荘を開業し、この建物は隣接地へ平成3年(1991年)建設したそう。

    玄関から望む廊下奥から玄関方面を望む。右側に客室、左側に厨房
     客室7室。平屋建てのこじんまり宿です。

    客室は8畳入り口ドアを開けると、すぐに部屋
     通された客室は8畳。テレビ、冷蔵庫(中に有料のビール、日本酒、ワイン、ジュース、ミネラルウォーターのほか、無料の水あり)、暖房。トイレ、洗面所は共同。

    窓からの景色アメニティー
     窓外は雪景色。タオル、バスタオル、歯ブラシ、紙コップ、浴衣、丹前。浴衣は宿名入り。

    共同洗面所&トイレ
     共同の洗面所で歯を磨きます。コップは置いていないので、客室に紙コップがあるのですね。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/508-3cd031b7

    | ホーム |