札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     先日、当ブログに「北海道温泉地案内」という昭和12年(およそ70年前)発行の本を記した時、「択捉、国後の温泉地が紹介されていてすごい」旨の感想を抱く一方、「これら温泉地は、今どうなっているのだろう」と感じた次第。

     北方領土って、日本の立場でみれば、第2次大戦後にソ連に不法占拠されて以来、いまはロシアが「実効支配」している地域。普通に暮らす日本人は足を運べないし、情報も少ないし・・・

     そう思っていた矢先、漫画実話ナックルズ2007年2月号(ミリオン出版)に、こんな記事を発見。「誰でも行ける!国後島への旅」。カラー3ページで著者の国後島旅行体験記を紹介していました。

    漫画実話ナックルズ 2007年2月号に掲載。写真・文 村上和巳氏
     記事を読むと、日本人が国後島へ行く方法は、「ロシアビザを取得」しサハリン経由で飛行機か定期船で。
     ただ、日本政府は領土問題が解決するまでは、この手法(ロシアビザを取得)での訪問は「自粛」を求めているそう。平成元年の閣議了解で「ソ連の不当占拠の下で北方領土入域は、領有権を主張する日本政府の政策と相容れない」から。

     これ以外の訪問方法は、日本とロシアの政府で合意している「ビザなし交流」。ただ、参加対象者は、旧島民と配偶者、返還運動関係者、議員、大手マスコミ正社員、学術研究者に限定されており、私を含めた大半の日本人は対象外ですね。

     まあ、ロシアビザ取得による訪問は、あくまで「自粛」だから、不法行為でもなく、この方法で旅行した著者は、こんなふうに雑誌で紹介しているのでしょうか。

    ストロボスキー温泉を紹介
     で、記事を読み進めると、温泉に関する記述を拝見。国後島に14ヵ所の温泉があり、その中で羅臼山近くにある「ストロボスキー温泉」を紹介していました。いわゆる野湯です。地元女性が水着着用で入浴するシーンが写真掲載されていました。
     この温泉、私が持っている北海道温泉地案内に掲載されている2ヵ所のうちの1つなのか、今度地図を引っ張り出してチェックしたい今日この頃です。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/518-9d136916

    | ホーム |