札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    歴史を感じる外観玄関です
     第一停留所の目と鼻の先に佇む、明治時代に開業した宿。3階建て20室。

    客室1客室2
    縁側1縁側2
    アメニティー茶菓子は、「ほていや」のまんじゅう
     通された客室は、3階「牡丹」。角部屋で廊下のふすまを開けると、すぐ6畳和室が。窓際は縁側で洗面台あり。
     テレビ、ファンヒーター、ポット、お茶葉。アメニティーは一通りあり。

    3階廊下。突き当たり右に私が泊まった客室「牡丹」がある3階共同洗面所
    共同トイレ3階館内図
     共同の洗面台、冷蔵庫、トイレあり。

    2階湯治棟の廊下コイン式ガス
     3階の「旅籠棟」に対し、2階は「湯治棟」。廊下に沿って客室が並び、ドアは障子1枚です。コイン式ガスもあり、ここで自炊するよう。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/542-278a2e20

    | ホーム |