札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    夕食全景
     17時40分、客室の電話が鳴り、「夕食の準備ができましたよ。1階の食堂へどうぞ」。

    刺身天ぷら
    (左)刺身→まぐろ、たこ、甘えび
    (右)天ぷら→えび3本、春菊

    焼魚固形鍋
    (左)ししゃも焼
    (右)すきやき→豚肉、豆腐、糸こんにゃく、春菊、きのこ、たまねぎ、長ねぎに加え、生卵

    白米&味噌汁漬物
    (左)白米、味噌汁(海草、豆腐)
    (右)白菜漬

    デザート
     みかん

    宿ネーム入り箸袋
     宿ネーム入り箸袋は、「御宿 多佳津」

    布団
     夕食が終わって、客室に戻ると、布団が敷いてありました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/563-077e18cb

    | ホーム |