札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     前日の金曜に電話予約し、暖房費込み6,500円の家族経営宿。
     夕食時に若女将さんが「きょうは工事関係者の人が帰ったので、お客さん1人なのですよ。ゆっくりしていってね」。土曜に宿貸切は、民宿かもめ(白老町)、民宿田園(音更町)で経験ありですね。

    洞爺湖
     夕食時は大旦那さん、朝食時は大女将さんが、さりげなく私の隣席に座り、お話ししながら食しました。2人とも70ウン歳だそう。
     洞爺湖温泉でホテルマンだった大旦那さんが、30数年前に独立開業。自身は有珠山噴火を、1977年(昭和52年)と2000年(平成12年)の2回、経験しています。「この間の噴火は避難所に3ヵ月暮らし、宿休業期間は5ヵ月だった」と、大旦那さんは静かに振り返ります。
     宿は泥流に飲み込まれませんでしたが、飛んでくる石で宿のガラス窓は破れました。

     客層は工事関係者(平日)、バス乗務員、最近は湯治目的、そして韓国、イギリスといった海外からもちらほらと言いますが、その他は「やっぱり常連の方が多いですね」。年末年始、GWは満室が続くそう。「正月は8,000円でおせち風の食事を出しますよ」。連泊に対しては、当然メニューを変え、工事関係者には昼食用弁当も持たせています。

     客室は10室、男女別浴室は家族風呂のような大きさで、私にとってはぬるめの温泉の湯が24時間注がれており、手作りの食事が飾らない味。暖房費込み6,500円で、他に客がいなくてのんびり。洞爺湖=冬はオフシーズンの狙い通りでした。

    出逢いの手湯
     はきはきした口調の大女将さんは、「うちのキャッチフレーズは『小粒ながら大喜(おおき)な宿』ですよ」。大きい=大きく喜ぶ、にかけているみたい。
     宿名は、大旦那さんの名字(たかつ)をもじったもの。おおく(多く)の、よい(佳い)ことが、つなみ(津波)のように訪れますように、の思いを込めて「多佳津」に。
     宿前に佇む手湯のデザインに込められた、いくつかのコンセプトは、大旦那さんの発案だそうです。

    遠く山の上に、高級宿のザ・ウインザーホテル洞爺
     宿を出た後、近くの洞爺湖畔を見物(宿から洞爺湖は望めません)。山の上に、繁盛しているらしい高級宿のザ・ウインザーホテル洞爺を見ました。温泉風呂の湯使いがあれなので、あれだなあ、と思っています(笑)

     9時30分、道南バスに乗って、札幌へ帰りました。12時過ぎ到着。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/565-6bbf9f98

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。