札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     初めて民宿500マイルへ訪れた2001年(平成13年)5月、国道36号から山側へ入った地域を散歩しました。今回、札幌へ帰るため、徒歩でJR虎杖浜駅へ行く際、国道36号に沿って進まず、5年8ヵ月振りに山側へ歩きました。

    営業時間6~24時、アルコールあり直前予約の食事付宿泊は苦手そうな民宿赤富士荘。あくまで個人的見解
     セイコーマート(北海道のコンビニ)は、民宿500マイル斜め向かいにあります。国道36号を挟んでいますので、車に注意。この隣に温泉民宿赤富士荘があり、すぐ近くに食事処2軒あり。

    国道36号からみえる、ホテル霧島看板これがホテル霧島
     国道36号から山側へ入ると、ホテル霧島があります。モーテル風情で現在営業しているか、微妙な佇まい。車が通っている跡はありますが。

    温泉旅館八千代と敷地は同じらしい「湯元柏透湯」って・・・哀愁な看板
    温泉旅館八千代は、素人が言えば鉄くず屋の様相。男性が作業していた塀の向こうに、1棟ずつ客室が配置された温泉旅館八千代の痕跡が・・・
     霧島の近隣で非常に気になっていた温泉旅館八千代はいま・・・。客室は各1棟2階建てで、和風モーテルのような感じだったのですが。

    山側に歩くと、室蘭本線に踏み切り街の看板あり
     常日頃乗車しているJR室蘭本線の踏み切り前に「若湯温泉600M」の立て看板あり。

    むかし釣堀だった・・・公衆浴場ではありません
     踏み切りを渡って右へ行くと、山恵園という釣り堀があったはずですが、立ち入り禁止でした。それで、左(虎杖浜駅方面)へ歩くと、周辺住宅に温泉供給する湯元(虎杖浜北陽団地温泉保護利用組合)の小屋がありました。

    売り地だそうです
     土地を売っていました。温泉を毎分5ℓ供給してくれるみたい。

    室蘭本線の線路沿いを歩く看板
    虎杖浜駅鈍行列車
     室蘭本線の線路沿いを歩き、JR虎杖浜駅へ到着。陸橋を渡り、駅前で写真を撮っていると、10時30分の普通列車が来たので、慌てて乗車しました。虎杖浜駅前の風情は、また今度ですね。
     苫小牧駅11時17分着、乗り換えて11時23分の普通列車で千歳11時47分、また乗り換えして11時56分、新札幌12時16分着です。地下鉄で仕事先へ。

    懐かしい駅の姿が。
    去年の9月まだ暑い中、大荷物を持って駅前付近をフラフラと歩いたのが思い出されます。一度じっくり散策してみたいものです。

    2007.01.24 23:58 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    虎杖浜にも足を運ばれたのですね。ここは本州の雰囲気がするなあ、と個人的に思っています。虎杖浜にはどこか泊まられたのでしょうか。

    2007.01.26 00:35 URL | いっち #- [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2007.01.26 10:13  | # [ 編集 ]

    湯元柏透湯というのが気になります
    温泉旅館八千代というのは廃業したのでしょうか?
    今年は虎杖浜めぐりをしたいので
    とても参考になります♪

    2007.01.27 23:33 URL | じゅん☆ #Tzzz29jM [ 編集 ]

    虎杖浜ですが散策だけで終ってしまいました。フンベが空振りだったのでどこかで一湯と思ったのですが駅前の宿に入る勇気がなくいろいろさ迷っているうちにタイムオーバーになってしまいました。GW頃の再訪を漠然と計画しております。

    2007.01.28 00:15 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    じゅん☆さんへ

    温泉旅館八千代は廃業してました。昔見たときは、1棟2階建ての小さな建物(客室)が、5棟くらい並んでましたが、今回見たときは、2棟しか残っておらず、建て壊したスペースに鉄くずがたくさん置いてあって、お年を召した男性が作業してました。
    湯元柏透湯と記された建物は、公衆浴場とかそういうものではなく、源泉小屋の風情。この旅館が湯を使っていたと思われます。
    虎杖浜はディープな旅館が目白押しなので、じゅん☆さんの冒険に期待します(笑顔)

    2007.01.28 13:53 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅前旅館さんへ

    そうだったのですか。確かに虎杖浜駅前の宿々は朽ち果てた風情で、入りづらい感じがしますね。

    その中で「湯元虎杖荘」に平成15年9月に当日予約で宿泊したのですが(2食5,000円)、通された客室窓から宿の便所が見え、夕食が部屋食ですが、くたくたしたイカ刺や冷めた焼き魚でノックアウトされ、翌朝7時前に、朝食を断って札幌へ逃げ帰った思い出があります(苦笑) 今ならば朝食もしっかり頂いて、「つげ義春」になったような状況を楽しむでしょうが(笑)

    2007.01.28 14:11 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/572-840fc62a

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。