札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆ロープウェイ山頂駅前

    冬は催し物が少ないクマステージショー。冬期間は閉鎖
    クマの雪像アヒルの競争
    記念撮影用売店で購入したクマの餌(おやつ)。1袋100円
     そういえばクマって、今時期「冬眠」しているのでは・・・ 餌を与えているので、冬眠しなくて済むそうです。とは言え、クマのステージショーは冬期間休み。

    ◆第1クマ牧場(雄クマ)&人のオリ

    第1クマ牧場
    ごろごろしている、雄クマ愛想のない雄クマ
    人のオリ。右の窓ガラス越しに雄クマ餌付けする
     雄クマは悠然としていて、餌(おやつ)を投げても反応は鈍い感じ。カラスに奪われてしまう有様。人のオリでは、ガラス越しに餌付けできます。

    ◆第2クマ牧場(雌クマ)
    第2クマ牧場(雌)
    いっぱいいる雌クマが立つ
    寝転んで餌(おやつ)をおねだり愛嬌をふりまく
    餌をキャッチする
     雌くまは、非常に愛想がよく、立ち上がって手を振ったり、寝転んでお腹を見せながらポーズをとり、餌(おやつ)をねだります。
     売店のスタッフに聞けば、1958年(昭和33年)の開園以来、誰が教えたわけではないのですが、雌クマの間に受け継がれた「伝統」だそうで、「雌クマはおやつに対する執着心が強いのでしょうかね」。

    ◆レストラン&ヒグマ博物館&展望台

    レストラン&ヒグマ博物館&展望台クマ山食堂のメニュー
     玄関に入ると、右手に「クマ山食堂」。ここで昼食をとりました。

    ヒグマ博物館は2階博物館の一部
    工夫した展示品
     じっくり見学すれば、それなりに時間を要する2階のヒグマ博物館。

    展望台から望む、クッタラ湖
     屋上は展望台。クッタラ湖、初めてみました。

    ◆ユーカラの里&リス村

    ユーカラの里リス村
    冬はリスもお休みみたいリスは見かけない
     ユーカラの里は、明治初期のアイヌの方々の家(チセ)を再現。伝統舞踊見学や記念写真もあるそうですが、期間は5~10月だそう。家の中も見学出来ませんでした。
     リス村って、リス小屋のことでした。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2007.02.07 11:00  | # [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/586-0ec7c72a

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。